前作『君の名は。』から3年、新海誠監督の2019年7月19日公開の映画。

上映時間114分となる今作をギュギュッとまとめて最短5分で読めるボリューム要点だけ、ネタバレ有りのあらすじを結末まで、どこよりも簡単にサクッとご紹介します。

ご注意ください

※これ以降は作品の内容に深く関係する記述が多く含まれます。構成上、物語の進行に大きく関わらない内容は全て飛ばしておりますので簡単に物語の流れと結末だけを知りたい方のみ、予めご了承頂いた上でご覧下さい。

あらすじ(ネタバレ有り)

鳥居の先

ある病院の病室でベッドで眼を覚まさない母親を見守る少女 陽菜(ひな)

病室の陽菜

陽菜が母親の回復を祈ると、大雨だった外にスポットライトのような光りと晴れ間が差す場所が現れ、陽菜は引き寄せられるようにその場所へ。

晴れてる場所へ

着いた先は廃ビルの屋上にある鳥居。

廃墟ビルの屋上に謎の鳥居

陽菜は「雨が止みますように」と願い、鳥居をくぐると青空と積乱雲が舞う不思議な空間へワープ。
そこはとても不思議な場所だった。

不思議な場所へ

家出少年

離島から家出してきた16歳の少年 帆高(ほだか)はフェリーで東京を目指す際に同じくフェリーに乗っていた 須賀(すが)と出会う。

東京に着いてからバイトを探すも、学生証もない高1を雇ってくれる所はどこにも無く、漫喫で過ごす毎日。

家出少年、帆高

ある日、仕事も見つけられず途方に暮れていた帆高は目的もなく、東京を彷徨い続ける。

ある日、バイトとして陽菜が働くマクドナルドに連日来ていた帆高は大した食事もしておらず、それを見かねた陽菜がそっと「あげる、内緒ね」とビックマックをこっそりプレゼントし、東京に来て一番美味しかったと喜び頬張る帆高。

ビックマックをプレゼントして笑う陽菜

そして連絡先を貰っていたフェリーで出会った須賀の元へ。

「K& A プランニング」という会社の代表、須賀

廃れたスナックを居抜きした事務所で帆高は、寝床食事付きで超常現象を扱う雑誌のライターとして須賀に雇って貰えることに。
そこで須賀の姪の 夏美(なつみ)とも出会う。

須賀の元で働くも新しい就職先を探している夏美

帆高は夏美と最近ネットで話題の「100%の晴れ女」を調査するも手がかりはなし。

晴れ女

とある日、帆高は街で陽菜が怪しい男達に無理矢理 建物の中に連れ込まれそうな場面を目撃。
帆高は陽菜が危険な目に遭っていると思い、一心不乱に陽菜を助けようと奮闘。

男気見せる帆高

男達の隙を突いて陽菜と逃げ、廃墟ビルへ。

そこで陽菜がマクドナルドをクビになったこと、生活費を稼ぐために先ほどの男達に接触していたことなど、お互いの事情を知る。

「せっかく東京に来たのにずっと雨だね」という陽菜は帆高を連れて屋上の鳥居へ。

連日 東京は大雨。
そこで陽菜が祈ると廃墟ビルのそこにだけ青空が現れ、太陽の光が。

「ねぇ、今から晴れるよ」と言い手を組む陽菜
すると雲間から青空と太陽が!

驚く帆高に改めて自己紹介をする、来月で18歳の陽菜は噂の晴れ女だった

ビジネス

陽菜の不思議な力を知った帆高は、怪しいバイトをするよりも と、
ネットで晴れを願う人達の依頼に応える「晴れ女ビジネス」を陽菜に持ちかけ、
陽菜と二人暮らしをしている弟で小学生の 凪(なぎ)と共に協力して晴れを届ける依頼ビジネスを開始。

お天気お届けします

晴れ女ビジネスを立ち上げて、すぐに連日大盛況。色々な場所で晴れを届ける3人。

次第にその力は話題になり、ネットやテレビでも取り上げられる程に。
しかし依頼の急増に対応できなくなった帆高は、陽菜の疲れも考慮してビジネス休業することに。

一方、雑誌の取材で とある神社を訪れていた須賀と夏美は、そこの神主から奇妙な言い伝えを聞く。
大昔はどこの国にも村にも、天気を治療する天と結ばれた巫女が居た。しかし天気の巫女は人柱(生け贄)。悲しい運命が待っている。

そして陽菜の誕生日が近づく中、何かプレゼントを渡したい帆高は 陽菜の弟 凪にアドバイスを仰ぐ。
「帆高は姉ちゃんが好きなんだね」と凪も帆高の気持ちを察し、母親の死から生活のために忙しくバイトばかりさせていた姉に青春をして欲しいとの思いから指輪のプレゼントを勧め、帆高は思い切って指輪を購入。

陽菜の弟でモテモテ女垂らしの小学生、凪

そんなある日、夏美は前の取材で神主が言っていた天気の巫女の悲しい運命についてを陽菜に話してしまう。

次のページ:悲しい運命
1 2 3
starmint

© starmint