目次

シンデレラ (原題:Cinderella)

日本公開日:2015年4月25日

シンデレラ とは

cinderella

美しい母親と優しい父親の元で幸せに育った少女に訪れる突然の孤独と試練。

耐えきれず家を飛び出した少女の前に現れた一人の男性。

そこから始まる沢山の奇蹟は、少女が家を飛び出さなければ起きなかった1つの運命でした。

オススメポイント
一人で見る:

友達と見る:

デートで見る:

家族と見る:

お子様と見る:

ディズニー特有のミュージカル演出がありませんでした。

おとぎ話でも、あまりメルヘンメルヘンしていませんが、友達のネズミと協力したり、魔法使いが出てきたり等はきちんとシンデレラでした。

言わずと知れた有名な童話でディズニー映画としても多くの人に知られているシンデレラを、そのディズニーが実写映画化。

監督にはケネス・ブラナー。

主演には若手のリリー・ジェームズ。

義理母役にはケイト・ブランシェット、大使役にステラン・スカルスガルド、王役にはデレク・ジャコビなど往年のスター俳優も。

予告編

cinderella_00

これより下記にはネタバレが含まれます

※これ以降は筆者の感想と共に作品の内容に深く関係する記述が多く含まれます。またこれは筆者の私見であり、矛盾や間違い等がある場合があります。それら全て含め、予めご了承頂いた上でご覧下さい。


あらすじ(ネタバレ)

昔々、ある森の中の大きなお屋敷で生活する家族が。

cinderella_01

その娘であるエラは父と母が大好きな、とても純粋な女の子。

cinderella_02

その両親もエラをお姫様のように扱い、商人で家に帰ることが少ない父親も、たまに帰っては家族に大きな愛情を注ぐなど幸せな家庭を築いていた。

エラは父親が居ない日でも母親と妖精の話をしたり、家に住む様々な動物たちと遊んだり、何より必ず父が帰ってくると信じていたので全く寂しさを感じなかった。

しかしその幸せもいつまでも続かず。

母親が突然体調を崩し、医者によるともう先は長くないと。

突然の妻の余命宣告に呆然となる父の目の前にはエラ。

父親はエラと共に母親が寝る部屋へ。

エラを見た母親は、1つだけ大切なことを教えます。

それは 勇気 と 優しさ。

cinderella_26

cinderella_04

良い行いは必ず報われるからと、エラとの別れを告げ、その後息を引き取る母親。

それから幾度の日が過ぎ、父親もなんとか元気を取り戻し、エラも母親の教えを大切に守っていました。

cinderella_05

そんな中、父親は再婚の話をエラに相談します。

それは旅先で出会った未亡人のトレメイン夫人。

少し戸惑うエラですが、父親の幸せを願って快く新しい母を迎えることに。

トレメイン夫人には二人の娘がおり、エラとも仲良くできるだとうと。

そしてトレメイン夫人等をエラ達の屋敷に迎える日が。

心躍らせるエラに、ソワソワする父親。

そこに馬車に乗ってやってきたトレメイン夫人と、二人の娘 ドリゼラとアナスタシア。

cinderella_06

エラは早速ドリゼラとアナスタシアに屋敷を案内してあげると話しかけるが、ドリゼラとアナスタシアは乗り気じゃ無い様子。

トレメイン夫人はルシファーという猫を連れて一人で屋敷内をジロジロ。

屋敷の老朽化を気にするトレメイン夫人は派手な装いからあふれ出るように贅沢な暮らしを望んでいた。

その意識は早速現れ、大勢の貴族達を屋敷に招き入れ連日のパーティー。

しかし屋敷の者は誰一人として文句を言わず。

エラは奥の部屋で仕事をこなす父親の元へ。

すると明日に3ヶ月ほど仕事で旅に出なくちゃいけないと。

また出掛けてしまうの?と心配するエラに、お土産を買ってきてあげようと。

ドリゼラとアナスタシアは既に欲しいものを頼んでいたが、エラはなにもいらないと。

父親が無事に帰ってきてくれさえすればそれだけで十分だと。

それが私の欲しいものだというエラを抱きしめる父親。

cinderella_07

無事の帰宅を約束する父親。

エラは母親の教えを守ると約束。

私が居なくても母親がずっと側に居てくれる。

この屋敷には母親との思い出が沢山あるから。と。

そこに、その二人の会話をのぞき見するトレメイン夫人。

そして翌日。

父親は使用人と共に家を出て行く。

cinderella_08

cinderella_09

落ち込むエラに、心配要らないわと優しく話しかけるトレメイン夫人。

cinderella_11

その目の前で姉妹喧嘩をするドリゼラとアナスタシア。

ドリゼラとアナスタシアの部屋が散らかり放題だとつぶやくトレメイン夫人。

続けて部屋が狭いせいなのかしら、とボソリつぶやくその言葉に

じゃあ私の部屋を使ったらどう?と提案するエラ。

トレメイン夫人はその提案に前のめりで賛成。

cinderella_12

そして私はどこに…と考えるエラにトレメイン夫人は 屋根裏があるわ! と。

戸惑うエラは、問答無用で屋根裏へ。

cinderella_13

まぁここなら誰にも邪魔されず自由に過ごすことができる!と前向きに受け入れるエラ。

するとそこに子供の頃から仲良くしていた鼠達が。

今日からよろしくと。

その独り言とも取れる会話を部屋の外で聞いて、おかしな子とあざ笑うドリゼラとアナスタシア。

翌朝。

エラはいつものように家畜の小屋から鶏のたまごを貰い、使用人達が朝食を作るキッチンへ。

エラのつまみ食いに優しく叱る使用人達。

ドリゼラとアナスタシアは広い部屋に移ったのにも関わらず部屋は散らかり放題。

トレメイン夫人がポロっと落としたクッキー。それに微動だにしないトレメイン夫人にも、すかさずクッキーを拾ってあげるエラ。

たまに旅先から届く父親の手紙に勇気づけられながら。

そんなある日の夜中に屋敷を訪れる人物が。

扉を開けると、そこには父親と共に旅立った使用人が。

使用人は暗い面持ちで「旅先で父親が病で亡くなった」と。

亡くなる寸前までエラ達のことを思っていたと、父親からだと1つの枯れ草を受け取るエラ。

私たちへのお土産は!?と言うドリゼラとアナスタシア。

さらには、これからどうやって暮らせば!?と途方に暮れるトレメイン夫人。

エラ以外、誰一人として父親の死を悲しもうとせず。

使用人に 伝えてくれてありがとう と別れを告げ、悲しみに泣き崩れるエラ。

その後、トレメイン夫人は生活を切り詰めるために屋敷で働く使用人達を全員解雇。

使用人達との別れにさらに悲しむエラ。

いつしか屋敷の雑用は全てエラがこなすことに。

しかしその雑用の忙しさがエラの悲しみを一時的に忘れさせてくれていた。

cinderella_16

さらに屋根裏の部屋で一緒に暮らす鼠達との会話もエラの心の支えになっていた。

ある日、寒さで広間の暖炉の前で寝ることにしたエラ。

翌朝、朝食はまだ!?と急かすトレメイン夫人等の声に飛び起きたエラ。

cinderella_25

そんなエラの顔は暖炉のススだらけ。

その様子を見て「シンデレラ(灰かぶり)」と呼び馬鹿にするドリゼラとアナスタシア。

cinderella_14

すぐに顔を洗い、テーブルに皿を並べると、「その皿は誰の?」と言うトレメイン夫人。

私の席よ?と当たり前のように返すと、トレメイン夫人はさらに当たり前のように、じゃあ誰が料理を運ぶの?と。

cinderella_15

エラの食事はいつもトレメイン夫人等が食べた後の残り物。

そんな生活に耐えきれず、ついに屋敷を飛び出してしまうエラ。

cinderella_16

cinderella_17

泣きながら馬に乗って森の奥の方へ。

cinderella_18

するとそこで気品溢れる一人の男性と出会う。

cinderella_19

男性は多くの者と共に鹿狩りの真っ最中だった。

そんな森の中一人で居るエラの元へ。

一人で森に居たら危険だと言う男性

cinderella_21

に、あなたが居るわと冗談っぽく言うエラ。

cinderella_22

なんと呼べばいい?と言うエラに、僕を知らない?と言う男性。

実は男性はその国の王子。エラはそのことを知らず、だれ?という顔をしていると、王子は、「キットだ」と名乗り、城で修行中なんだと答え、逆にキット王子がエラに名前を聞くと「答えられない」と。

エラは鹿を襲うのはやめて!と訴えると、キット王子は困惑しつつも「分かった」と一言。

cinderella_23

ありがとう!と喜ぶエラ。

cinderella_24

そしてまた会いましょうと二人は別れる。

城に帰ったキット王子は早速、父である王にエラの事を話します。

エラの美しさ。溢れる優しさ。今まで出会った女性でも群を抜いて魅力があると。

しかし、ただ少し話しただけで何がわかる?と言う王。

その王もまた病に身体を蝕まれており、キット王子に早く相手を見つけて貰わねばと思い、

cinderella_66

同じくキット王子も早く妻を見つけて父を安心させてやりたいと思っていた。

cinderella_65

そこでキット王子は国の者全てを城に招き入れ、舞踏会を開くことを提案。

そこで妃を見つけ出すという。

今までに例のない提案に一度は驚く城の者達ですが、それはいい!と早速実行に。

そしてその舞踏会の開催はすぐさま国中の者達の耳に入れられた。

もちろん黙っていないのはトレメイン夫人。

ドリゼラとアナスタシアのどちらかが妃に選ばれれば、今後の生活から大躍進で贅沢が出来ると。

すぐに街に出てドレス選びをしましょう!と。

その影でエラも、森で会ったお城で働く男性に会えるかも知れない!と舞踏会へ行きたいとトレメイン夫人に打ち明けますが、まともに聞き入れてくれません。

一方、キット王子はますますエラへの気持ちが募り、フェンシングの練習も身が入らないほど。

cinderella_61

そして舞踏会の当日。

国外からの訪問者も沢山来る中、エラの家でも舞踏会へ行く準備が進められていた。

ドリゼラとアナスタシスの着付けを手伝うエラは、ドリゼラとアナスタシアが「大金持ちになれる!」と意気揚々。

エラは不思議そうに「結婚する前にどんな人なのか知りたくないの?」と聞くと、そんなことはどうでもいいと。

そこでドリゼラとアナスタシアの愚かさをさらに知るエラ。

一方エラは母親の形見であるドレスを、自分で手直しして舞踏会用にリメイク。

それも友達のネズミ達に少し手伝ってもらいながら。

cinderella_27

cinderella_28

その夜。

いよいよ舞踏会へ。

玄関先で準備するトレメイン夫人等。

すると階段から出来たてのドレスを着て降りてくるエラ。

cinderella_29

しかしドリゼラとアナスタシアは、まるで付き添いの人みたい。と。

cinderella_30

王子に合いたいわけじゃ無いと言うエラに、そんなボロボロの古着で宮殿に行ったら陛下への侮辱と、トレメイン夫人はエラのドレスの手直しした部分を破いてしまう。

cinderella_31

cinderella_32

驚き、涙を目に浮かべるエラを家に置いて、3人は馬車に乗り出掛けてしまいます。

エラが家の庭で「もうなにも信じられない!」と悲しみに暮れていると、

cinderella_33

そこに一人の老婆が。

cinderella_34

老婆は「飲み物を恵んでくれないか?」と。

エラはすぐにミルクをあげると、優しさは報われる。急がんとなエラ と言う老婆。

老婆が自分の名前を知ってることに驚くエラに、老婆は私はフェアリー・ゴッドマザーだと自己紹介。

その老婆はエラが小さい頃に母親と一緒に沢山話した妖精の母だと。

cinderella_35

するとフェアリー・ゴッドマザーは、持っていた魔法の杖で突然若々しく変身。

cinderella_36

cinderella_37

cinderella_38

驚くエラをよそ目に、馬車が必要だと。

何か野菜を探すことに、するとエラが「カボチャならあるわ」と。

cinderella_40

カボチャで試したことはないが…と言うフェアリー・ゴッドマザーが杖で魔法をかけるとたちまちカボチャが立派な馬車に。

cinderella_41

そこでエラはフェアリー・ゴッドマザーが本当に妖精だったと。

続いてフェアリー・ゴッドマザーはネズミを白馬に。トカゲを騎手に。アヒルを召使いに変えてしまう。

cinderella_42

と、出発を急かすフェアリー・ゴッドマザーにエラが、ドレスが…と。

それを聞いたフェアリー・ゴッドマザーが杖を振ると、見事なまでに豪華で可憐なドレスに大変身。

cinderella_43

そして最後にエラ専用のガラスの靴をプレゼント。

cinderella_44

さらにトレメイン夫人達にエラだと分からないようにする魔法も。

馬車に乗り込んだエラは宮殿に向かおうとすると、フェアリー・ゴッドマザーから大切な約束。

魔法には制限がある。深夜の鐘が鳴り終わるときに魔法も終わり、全て元に戻ってしまうと。

cinderella_46

深夜までなら十分すぎるわ。とフェアリー・ゴッドマザーに何度もお礼を言い、出発するエラ。

cinderella_45

その頃、宮殿では今まさに舞踏会が始まろうと。

cinderella_47

そこでキット王子は王から、この舞踏会は森の少女を呼ぶために開いたのだろう?と。

一度しか会ったことの無い女性と結婚することに反対する王に、それだけで結婚できない理由にはならないと言うキット王子。

そんな王は、国のためにも相手は王女でなければと言う思いも。

そして舞踏会は開催。

華やかな宮殿に響き渡る優雅な音楽。

するとそこにエラが到着。

cinderella_48

大広間に降りてくるエラを見て、舞踏会の参加者は全員無言でエラに見とれ、

cinderella_49

cinderella_50

cinderella_51

キット王子はエラに近寄り

お互いにお互いを見違え、そこでエラは始めてキット王子が王子であることを知る。

cinderella_52

cinderella_53

早速ダンスに誘うキット王子。

踊りながら、お互いの事を少し話す二人。

cinderella_54

そんな二人を端から見ていたトレメイン夫人は、エラを どこかで見たことがある…と流石の勘を光らせる。

cinderella_78

するとキット王子が、エラを連れ出してある一室へ。

cinderella_55

エラがどうしたの?と訪ねると、キット王子は この後妃を選ばないといけない。と。

それに困惑するキット王子。

一方、大広間では城の者達がエラの素性を調べるためにてんやわんや。

そこでトレメイン夫人が、既にキット王子には王によって決められた結婚相手に国外の姫が居るを知る。

そしてキット王子もまたエラの名前も知らず、名前を聞いても。

教えたら全てが変わってしまう…とふさぎ込むエラ。

すると突然大きな鐘の音が。

cinderella_56

約束の時間を思い出すエラ。

cinderella_57

キット王子の制止を振り切って、部屋を出て馬車まで必死に走るエラ。

cinderella_58

階段を駆け下りるエラは躓いてガラスの靴を落としてしまう。

cinderella_59

cinderella_69

追うキット王子だが、エラはそのまま馬車に乗って宮殿を後に。

ガラスの靴を拾ったキット王子はそこで妃の相手を確信。

一方、馬車で家路を急ぐエラを追いかける城の者達。

なんとか逃げ切るも、次第に魔法が解かれていき、ついには森の中で全て元の姿に戻ってしまう。

cinderella_70

歩いて家に帰ったエラは、すぐに片方のガラスの靴を自分の部屋の床下に隠し、帰ってきたトレメイン夫人等の話を聞き、そこに出てくる自分の話を聞いて思わず笑ってしまうエラ。

そこでトレメイン夫人は「既に王子には結婚相手が居る」と発言。

それを聞いたエラは少し困惑。

も、その日はエラにとって久々に胸高鳴る日。

あったことを忘れないように日記に書いてその日を終える。

一方、王の容態が急変。

ベッドの横で王の安否を心配するキット王子。

王は、既に決めていた国外の姫との結婚を諭すが、その相手を愛していないというキット王子。

国外に目を向けるより、まずは国内。必要なのは勇気と優しさだけと言うキット王子。

それを聞いた王は、全てを悟ったように、私が望むのは息子の幸せだと、靴をなくした少女を探すように提案。

その日のうちに宮殿から民衆に向けて、ガラスの靴をなくした少女を探していることが発表される。

それを聞いたエラは一目散に家に帰り、部屋に戻ってガラスの靴を取り出そうとするが、何故かそこにはない。

cinderella_62

困惑しながら顔をあげると、目の前にはトレメイン夫人が、まさにそのガラスの靴を持って座っている。

cinderella_63

そこでトレメイン夫人は、これまでの自分の人生を振り替えり、最後の最後のチャンスをエラによって台無しにされてご立腹。

cinderella_79

エラの思い通りになどさせるか、とエラを部屋に閉じ込めてしまう。

cinderella_60

その後、トレメイン夫人は宮殿に出向き、大公と取引。

cinderella_71

大公は謎の少女がただのメイドなど、王子には相応しくないと。

これが国民に知れ渡ったら大変なことになると、この事を知らせたトレメイン夫人はドリゼラとアナスタシアに良い夫を紹介して貰うことを希望。

cinderella_73

そしてトレメイン夫人から預かったガラスの靴は大公からキット王子に渡される。

大公から、国民の将来の希望のためにも王女との結婚を、もし見つからなければ王国が…と促す。

cinderella_75

王子はもし見つからなければ王女との結婚も考えよう。しかし、捜索に全力をかけろ!と。

cinderella_77

その日からガラスの靴に合う少女を全力捜索。

国中の女性を宮殿に呼んでは、ガラスの靴に足を通せる者を探し、さらには城の者達が城下町に出向いて片っ端から女性にガラスの靴の試着を行っていった。

そしてその順番はついにエラの家にも。

cinderella_74

が、エラは相変わらず部屋に閉じ込められ、城の者が来ていることを知ったのにも、何も出来ずに部屋の窓から外を眺めるのみ。

cinderella_76

その1階ではドリゼラとアナスタシアがガラスの靴に足を通そうにも、とても入らない。

そうして全ての家を回った城の者達は、ついに見つからなかったと落胆。

エラの家を後にしようとする。

そこで起こる1つの希望。

果たしてエラの運命は。

そしてエラが言い放ったトレメイン夫人への最後の言葉とは。

王道のシンデレラストーリー

言うなればベタ

しかし そのベタな展開にも、これまでのシンデレラではあまり語られなかった王子側の視点や、継母の心境などが深く描かれており、より濃くシンデレラの物語を見れました

cinderella_69

この後何が起きるのか予想できても、見せ方や役者の演技など美しい映像で飽きを感じませんでした。

cinderella_17

魔法が解けるシーン1つを取っても、ドキドキハラハラしてしまう演出が素晴らしかったです。

cinderella_70

展開が分かっているからつまらないのではなく。

展開が分かっているからこそ面白い作品でした。

大人も楽しめる

子供だけに向けた作品作りではない。

これは最近のどのディズニー映画にも言えることですが、特にこの作品については、昔ディズニーアニメ「シンデレラ」を見て育った大人の方にとって、改めて胸高鳴るおとぎの世界を楽しめる素敵な作品だと思います。

cinderella_43

実写になり よりリアルな世界観と交わるCG技術は、大人の目線になったからこそ楽しめる要素だと思います。

ディズニーらしくあり、ディズニーらしくない

本作は本当にディズニーらしいおとぎの世界の雰囲気作りが丁寧で、見ていて楽しくなります。

ただし ディズニー特有の歌を唄い、踊り舞いながらストーリーが進んでいくと言うシーンが全くありません

ダンスするシーンはあるのですが、いわゆるディズニーミュージカルではありませんでした。

cinderella_54

なので、ディズニー映画が苦手だったり、ミュージカルシーンが苦手な方でも楽しめると思います。

現に、私は映画の途中でミュージカルが始まると、感情移入が出来なくなるのでどっちかと言うと苦手なのですが、本作はどっぷり物語に入り込めました。

この映画の真意?

昨今の「アナと雪の女王」などでは女性だけでもやればできる!という新時代のプリンセス像が描かれていましたが、

一方で「シンデレラ」は、夢見る可能性と王子様をひたむきに待つという、少し古典的なプリンセス像

この両極端なイメージが今の時代の若者にどこまで受け入れられるのか気になるところではあります。

むしろ、この王道のプリンセスを今このタイミングで実写化したことによって、今の時代の若者にもシンデレラのプリンセス像を改めて認識させる良いキッカケなのかも知れません。

ディズニーランドでも特に代表されるシンデレラ城のプリンセスですから、ディズニーとしても、この作品をどの世代にも愛して貰いたいが故の今の実写化なのかも知れません。

役者の雰囲気作りが素晴らしい

主演のリリー・ジェームズ。

映画冒頭では冴えない女の子だなーと見ていたのが、

cinderella_28

ホントに見事に綺麗なお姫様に大変身を遂げます。

cinderella_52

容姿は冒頭と変わってないのに、後半では何か違う雰囲気を感じる。

母親と父親に甘えっぱなしだった少女の成長を見事に演じた結果なのでしょうか、泣きの表情も含めて素晴らしい演技でした。

ケイト・ブランシェットもまた、これ以上に適役が居るの?と言わんばかりのドロドロ感ある継母を演じられていました。

cinderella_32

昼ドラさながらの展開にも彼女の出す邪悪な雰囲気でさらにゾッとする素晴らしいスパイスになっていました。

吹き替えの技量が…

と、演技は素晴らしいのですが、シンデレラ役の高畑充希さん。

吹き替えが初挑戦なのか分かりませんが、ちょっと滑舌が悪くてそこが凄い気になりました。

声は会ってるんですが、声優としての技量が未熟なのか。

この辺りはディズニーだからこそ、もうちょっと突き詰めて欲しかったです。

同時上映 短編アニメ「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」の感想(ネタバレ&あらすじ)

おすすめ関連商品

映画レビュー