目次

チャッピー (原題:Chappie)

日本公開日:2015年5月23日

チャッピー とは

chappie-movie

警察機動隊用に開発された人工知能ロボット。その開発者であるディオンは、その人工知能をさらに完璧なものへと開発し、会社に反対されながらも、勝手にプログラムを実行。

そして生まれた完璧な人工知能を持つロボット”チャッピー”。しかし生まれたばかりのチャッピーが居た場所は悪行を働くギャング団の中だった。

そんな環境で壮絶な成長を遂げるチャッピーは自分という存在について考え、悩み、残り少ないと知った自分の命の中で直向きに”生きたい”という感情に向かって走り続ける。

オススメポイント
一人で見る:

友達と見る:

デートで見る:

家族と見る:

お子様と見る:

日本ではRG12指定でお子様もご覧頂けるようにグロテスクなシーンをカットするなどの編集がされています。

最終的にとんでも展開になるような飛び抜けたSFですが、SFが苦手な方でもチャッピーの可愛さで楽しめると思います。

また、出てくるキャラクターがどれも個性的すぎるので、感情移入して感動したいって人には合わないかも知れません。

飛び抜けたSF映画「第9地区」「エリジウム」等の作品を手がけてきたニール・ブロムカンプが監督。

同じく「第9地区」「エリジウム」に出演したシャールト・コプリーがロボットのモーションを担当。

若手デーヴ・パテールに加え、実力派のヒュー・ジャックマン、シガニー・ウィーバーも起用。

ディ・アントワードと言う南アフリカのラップグループも同名で出演しています。

予告編

chappie-movie_00

これより下記にはネタバレが含まれます

※これ以降は筆者の感想と共に作品の内容に深く関係する記述が多く含まれます。またこれは筆者の私見であり、矛盾や間違い等がある場合があります。それら全て含め、予めご了承頂いた上でご覧下さい。


あらすじ(ネタバレ)

2016年。南アフリカのヨハネスブルグでは、凶悪化する犯罪率を減らすために兵器メーカー”テトラバール社”が開発した警察ロボット”スカウト”を政府が購入、配備。

chappie-movie_41

スカウトは人工知能技術を半分取り入れた最先端のロボット。

プログラムと学習によって人間の警察部隊と連携を取り、人間に危険だと思われる状況を買って出る凶悪犯罪の現場では革新的な発明だと注目を集めていた。

chappie-movie_28

そんな情勢にも犯罪者は屈せず悪行を働く。

ギャング団の一員である ニンジャ 、 ヨーランディ 、 アメリカ 、 ヒッドブル の4人はギャング団のリーダー ヒッポ に輸送中の麻薬を台無しにしたとお灸を据えられ、4人に7日以内に2千万を用意しろと。

それは無理だと言う ニンジャ の目の前で見せしめの様に ヒッドブル を射殺。

するとそこに警察ロボットが。

次々とギャングの一員を抹殺していく警察ロボットから逃げ惑うギャング団。

ニンジャ、ヨーランディ、アメリカの3人は隙を突いて何とか逃れ、ヒッポも姿を眩ます。

chappie-movie_63

一方、テトラバール社で働く、スカウトの開発者である ディオン はロボット警察がギャング団の拠点を取り締まったというニュースに沸く社内で賞賛されていた。

しかし社内にはそれを快く思っていない人物が。

それは元軍人で、同じく治安維持の為に兵器ロボットを開発している ヴィンセント 。

ヴィンセントは”ムース”と名付けた兵器ロボットを開発するも、スカウトの万能性と活躍に影に埋もれ、ディオンに一方的に嫉妬していた。

chappie-movie_19

尚もムースの採用を役員のブラッドリーに打診するが、ムースは販売価格が高すぎるとの一点張り。

chappie-movie_42

そんな中、スカウトを製造、修理している工場に呼び出されたディオン。

chappie-movie_32

向かうと、そこには胸部分に損傷を負ったスカウトが1台。

スカウトのナンバーは22。

chappie-movie_39

警察がスカウトを盾にしたんだな。と、動力は安定しているがスクラップの指示を出すディオン。

一方、ニンジャ、ヨーランディ、アメリカの3人は隠れ家へ身を潜める。

も、そこに逃げ込んだことはヒッポにはバレており、再三2千万を請求。

3人はどうにか大金を手に入れようと考え、ヨーランディがスカウトを止める方法を見つければ良いと提案。

そしてネットですぐにスカウトの開発者がディオンだと知る3人。

その頃ディオンは自宅へ戻り、パソコンを起動。

ずっと作り続けていたプログラムの開発を再開。

そのプログラムとは、完璧な人工知能。

chappie-movie_37

仕事の疲れも忘れてプログラミングに没頭するディオン。

しかし何度試してもあと一歩でエラーが出る。

が、諦めずもう一回、もう一回と。

chappie-movie_38

するとプログラムが正常に動作。

長期にわたって求めていた人口知能がついに完成。

信じられず驚き続けるディオンは興奮しながらもそのデータを持って会社へ。

会社に着くとディオンはすぐに工場へ。

スクラップ指示したナンバー22はまだスクラップされていないことを確認し、そのまま役員のブラッドリーの元へ。

完璧な人工知能の完成を熱弁するディオンだが、兵器メーカーである我が社にそんな技術は必要無いと。

スクラップ予定の個体を使うからコストはゼロだと押すが、今現状スカウトの好調で十分だと耳を貸さないブラッドリー。

chappie-movie_18

落胆したディオンは分かったと部屋を出る。

と、諦めたかと思ったディオンだが、向かった先は工場。

従業員達の目を盗み、スクラップ予定のナンバー22を回収。

そして厳重に保管されているテトラバール社のシステム保護キーが入ってるUSBメモリを持ち出し、車で急いで会社を出る。

そんなディオンを待ち伏せしていたニンジャ達。

ディオンの乗った車を止めてディオンを拉致。

その頃テトラバール社では警察の重役達に対してヴィンセントがムースをプレゼン。

しかし、そんな軍用並の兵器は都市型犯罪には必要無い。最も経費がかかりすぎるとあざ笑われる結果に。

chappie-movie_34

一方ディオンが目を覚ますと、そこはニンジャ達の隠れ家。

脅され、スカウトの停止方法を聞き出そうとするが、スカウトは起動してしまえば外部から止める手立てはないと言うディオン。

もう殺してしまおうとするニンジャ。

そこでアメリカがディオンの車に載っていたナンバー22を発見。

これはなんだ?と聞くニンジャに、試作品だというディオン。

人間のように心が有り、教育すれば人間よりも賢くなると。

ニンジャ達は上手くやれば犯罪に使えるかも知れないと、ディオンに組み立てを要求。

しかし損傷が激しく、バッテリーは5日しか持たないと。

そしてバラバラになっていたパーツを組み立て、ディオンが開発した人工知能をセット。

chappie-movie_04

最後にシステム保護キーを読み込ませ、起動。

chappie-movie_35

起動して直ぐに怯え戸惑うナンバー22。

chappie-movie_25

物陰に隠れてしまったナンバー22。

chappie-movie_06

率先してヨーランディがナンバー22を怯える子犬を呼び寄せるように呼びかけ、次第に心を開き近寄ってくるナンバー22。

chappie-movie_05

ディオンの思惑通り、急激な成長で一気に言葉まで覚え出し、名前も覚えるナンバー22。

そしてヨーランディがナンバー22をチャッピーと強引に銘々。

ナンバー22も自分の名前をチャッピーだと認識する。

chappie-movie_07

しかしそのまったりとした教育に痺れを切らしたニンジャがディオンを追い出す。

翌日、ニンジャはチャッピーに銃の使い方を教えようとするが、チャッピーの頭脳はまだ幼児程度。銃に怯え、全く扱えない。

まだ無理だと言うヨーランディは丁寧に言葉から教えようと、まず自分の事をママだと教える。

chappie-movie_11

一方で、会社ではヴィンセントがナンバー22が登録から外れていることに不信感を抱く。

chappie-movie_23

より詳しく知るために保護キーを使おうとするが、保管されているはずの保護キーが無い。

と、記録を見るとディオンが持ち出していると。

chappie-movie_33

すぐにディオンのデスクに行き、軍隊の悪のりの様に脅して保護キーを貰おうとするが、会社の規定で無理だと拒否するディオン。

chappie-movie_46

ディオンはそのまま出社。

チャッピーの元へ向かうが、ディオンの動向が気になるヴィンセントはディオンを追跡。

そしてニンジャ達の隠れ家へ来たディオン。

そこで見事に汚い言葉を覚えて育ったチャッピーを見て唖然。

chappie-movie_43

すぐに取り戻そうと、きちんとした事を教え、そこでディオン自身がチャッピーを作った創造者だと教え込み、犯罪は何があってもしてはいけないと約束する。

chappie-movie_27

その後、絵を描くことを教えたり、誰かに指図されようと自分のやりたいことを思った通りにやれとチャッピーに教えるディオン。

chappie-movie_09

chappie-movie_26

と、その一部始終をのぞき見するヴィンセントは、その光景に驚愕。

chappie-movie_44

保護キーはチャッピーに使われていることを知り、すぐに会社に戻ることに。

と、入れ違いでニンジャが戻り、ディオンを追い出す。

その後、ニンジャとアメリカはチャッピーを連れてある場所へ。

外の世界を初めて見て興奮するチャッピーだが、連れてこられたのは荒れ果てた不良のたまり場。

chappie-movie_10

何も言われずそこに下ろされ、置いていかないでと嘆くチャッピーを無視し、去って行くニンジャとアメリカ。

最初は警察ロボットだと驚く不良達だが、チャッピーの怯える様子を見て集中暴行。

chappie-movie_60

ついには火までつけられるチャッピー。

chappie-movie_58

損傷しながらもなんとか逃げるチャッピー。

chappie-movie_45

一方、家に戻ったディオンの元へテトラバール社から電話が。

ディオンが保護キーを持ち出していることがバレ、すぐに返却して欲しいと。

その頃、ヴィンセントは護衛を2人連れ、保護キーを持っているチャッピーを追うことに。

chappie-movie_49

スカウトのネットワークを通じてすぐにチャッピーの居場所を特定。

そして強引にチャッピーを捕獲。

車の中で暴れるチャッピーを押さえ込みながらも、抵抗する腕を切断し、保護キーを奪う。

chappie-movie_57

と、そこでチャッピーが暴れ、逃げてしまう。

保護キーは手に入れたと深追いしないヴィンセント。

その後、ひたすら歩き、隠れ家へ戻ってきたチャッピー。

腕がなくなったチャッピーを見て驚き慌てるヨーランディ。

そしてディオンを最初拉致したときに一緒に持っていたパーツを持ってくるアメリカ。

そこに丁度使えそうな腕が。

なんとか取り付け、腕を修復。

不死身だなと言うアメリカの言葉に、自分は不死身だと思い込むチャッピー。

その後ベッドでチャッピーに絵本を読んであげるヨーランディ。

そこで聞かされたヨーランディの教えに考え込むチャッピー。

その後、ニンジャは再びチャッピーに拳銃やナイフの使い方と、俺はパパだと巧みに教えこみ、ある場所へ。

chappie-movie_08

頑なに犯罪はしないとディオンとの約束を繰り返すチャッピーに。

俺の車が盗まれたから取り返す手伝いをして欲しいと、嘘をついてチャッピーに車を強奪させる。

高級車を狙って何度も何度も繰り返す。

そしてその車を持ってある場所へ。

そこはギャング団のキングの住処。

ニンジャはキングに車を渡し、代わりに大金と、プレイステーション4を数台もらい受ける。

帰り際に犬の死体を見つけるチャッピー。

もう死んでるぞと言うニンジャは、生き残りたいならもがけと。

chappie-movie_30

チャッピーは不死身だから大丈夫だと言うが、ニンジャが指さしたチャッピーの胸元のゲージにはバッテリー残量低下の警告が。

廃材を集めて作ったから仕方無いと言うニンジャに、創造者のディオンがそんなことするはずがない、と受け止められず死ぬように作られた。と思い込む。

ニンジャは生きたければ大金が必要だ。大金があれば新しいボディを手に入れられると。

あの犬のようになりたくなければ着いてこいと言うニンジャの言葉に、しばらく悩み込んだチャッピーはニンジャに着いていくことに。

その後、再び隠れ家を訪れたディオンだが、チャッピーからは無視され、やっと会話するも、なんで死ぬように作ったんだと。

chappie-movie_51

そんなつもりで作った訳じゃないと言うディオンだが、ここで生きていくと言い放つチャッピー。

その頃、テトラバール社では保護キーを手に入れたヴィンセントがスカウトのネットワークを奪還。

次々とスカウトの動力を停止していき、スカウトが機能停止した街中では犯罪が横行。暴徒化。

chappie-movie_54

ほとんどロボットで治安を維持してきた所に人の警察の数では手が終えない状況に。

chappie-movie_53

chappie-movie_02

同じようにチャッピーもディオンの前で機能停止。

ディオンはチャッピーを引きずり、車でテトラバール社へ。

街がパニックになっている様子をニュースで見たヴィンセントはガッツポーズ。

chappie-movie_55

同時にテトラバール社のネットワークからスカウト達を次々と切断していく。

と、そこにチャッピーを抱えてディオンが。

身を隠すヴィンセントに気付かないディオンはチャッピーをパソコンに繋ぎ、ネットワークから隔離。

ヴィンセントの行ったネットワークからの切断をギリギリで回避し、なんとかローカル環境で再起動したチャッピー。

chappie-movie_36

すぐに逃げようとするディオンの後ろで、辺りを見回すチャッピー。

これはなに?これはなに?とのチャッピーの質問に答えていくディオン。

と、ヴィンセントが開発したムースを見つけたチャッピー。

ムースは人工知能では無く、ヘッドマウント装置をつけた人の意識で動かす兵器ロボット。

あれは君の失敗作だと言うディオン。

と、そこに吊されたスカウトの新しい個体が。

chappie-movie_47

この身体にチャッピーのデータを移動させてと頼むチャッピーだが、チャッピーの記憶はデー手ではなく意識であり、意識の解明はできていないから移動はできないと。

それを聞いて、チャッピーなら出来る…と。

しかしそんなことは無理だと、抑制するディオンに、チャッピーの怒りが爆発。

何を言われても思ったことをやれと言ったじゃないか。パパ(ニンジャ)は新しい身体を買ってくれる。

と反逆するチャッピーにディオンがきつく当たると、お前なんか嫌いだ!とディオンを突き放し、ムース用のヘッドマウント装置を奪い、ディオンの制止を振り切ってテトラバール社を出て行く。

同時にテトラバール社の工場は立ち入り検査。

ヴィンセントはすぐに役員のブラッドリーへ、この事態を収束させるためにムースを使わせてくれと打診。

chappie-movie_48

が、取り合って貰えない。

一方、チャッピーは隠れ家で、奪ってきたヘッドマウント装置を使ってプログラミング。

大量のプレイステーション4をパソコンに繋ぎ、処理を分散させるも、それでも処理能力が追いつかず、プログラムを完走できない。

何度も何度も繰り返し、そしてついにチャッピーは意識の解析を成し遂げる。

あとは新しいボディを手に入れるだけだと、ニンジャと強盗へ。

その頃、スカウトの機能停止の原因を探っていたディオンは、その犯人がヴィンセントだと突き止める。

すぐにヴィンセントのデスクに行き抗議していたところに、ニュースでチャッピーが現金輸送車を襲っている場面が中継され、それはテトラバール社でも話題に。

ヴィンセントに怒り狂いながらもディオンは工場へ。

大量の武器を持ちだし、車である場所へ。

一方、ヴィンセントはブラッドリーの元へ。

chappie-movie_12

スカウトの悪行が世の中に出回ってしまったことと、この騒動の根端はディオンだと嘘を付き、そしてついにムースの出動許可が降りる。

chappie-movie_17

chappie-movie_40

そして現金を大量に手に入れたニンジャ達。

やっと新しいボディが買えると喜ぶチャッピー。

だが、ニンジャはボディは買えないと。

騙したな!とニンジャに当たるチャッピー。

何故人間は嘘を着く!と起こるチャッピーの元にディオンが。

ディオンは危険が迫っている!と、そこに手下を連れたヒッポが。

chappie-movie_52

激しい銃撃戦の中、ヴィンセントが遠隔操作するムースも参戦。

chappie-movie_22

chappie-movie_20

chappie-movie_21

その中でムースに殺されてしまうアメリカ。

全員の敵は一気にムースに。

攻勢はヴィンセントが操るムースに。

chappie-movie_15

ついに追い詰められるニンジャ達だが、そこにディオンが工場から持ってきた兵器を身に纏ったチャッピーが。

chappie-movie_29

華麗にムースにダメージを与えていくチャッピー。

chappie-movie_16

chappie-movie_31

ムースの中心角にリモコン式手榴弾を。

が、リモコンを押そうとしたときにムースが反撃。倒れるチャッピー。

chappie-movie_14

そのチャッピー助けようと近寄るヨーランディを庇うチャッピー。

chappie-movie_59

そしてチャッピーとヨーランディを連れて車で逃げようとするディオンだが、そこにヒッポが。

ヒッポに運転席から下ろされるディオン。

と、そこにニンジャが、ディオンに逃げろ!とヒッポを羽交い締めにするがが、ヒッポは簡単にニンジャの抑制を振り払い、ニンジャの足めがけて発砲。

続けて逃げるディオンの背中めがけて発砲。

倒れ込むディオン。

すぐに背後からスコップでヒッポを殴り倒すニンジャ。

倒れるディオンに駆け寄るニンジャ、チャッピー、ヨーランディ。

倒れたディオンをすぐに車に乗せて発進。

も、すぐに車を止めて!と言うチャッピーは、完成した意識の解析結果が入っているパソコンを取りに向かう。

も、尚も向かってくるムースにヘッドマウント装置は壊され、なんとかパソコンだけ持ってくることができたが、工場に行かなければならないというチャッピー。

そんな最中もムースの襲撃に絶体絶命。

と、決死の覚悟でニンジャが囮となり、チャッピー達を逃がすことに。

ムースを挑発し、チャッピーが車を出す。

chappie-movie_56

が、すぐにヨーランディがニンジャを追って車を飛び出してしまう。

と、ニンジャを捕らえていたムースの照準がヨーランディに。

放つ銃弾が当たり、倒れるヨーランディに駆け寄るチャッピー。

と、近くに手榴弾のリモコンが。

チャッピーがそれを手に取りスイッチオン。

大破するムース。

テトラバール社ではムースの制御を失い、落胆するヴィンセント。

すでに絶命してしまったヨーランディに悲しむチャッピーと、駆け寄り泣き崩れるニンジャ。

その後、チャッピーは敵を倒してくる!とニンジャに言い、ディオンを乗せた車を走らせテトラバール社へ。

と、そこでヴィンセントと鉢合わせるチャッピー。

chappie-movie_24

果たしてチャッピーはこの事態をどう乗り越えるのか。

そしてディオンの運命は。

ラスト10分で物語は急展開を迎えます。

ロボアクション×ロボドラマ

アクション性もさることながら、ドラマ部分も魅力的に仕上がっている本作。

ロボット達の迫力ある戦闘シーン

chappie-movie_14

感情を持ったロボット チャッピーの切ないサクセスドラマ

chappie-movie_01

最終的な部分をもうちょっと掘り下げて欲しかった点はあるものの、ロボットによるアクション、ドラマ 双方でとても見応えがある作品でした。

愛くるしいチャッピー

ただの人工知能ロボットと言う訳ではない、見た目は完全な機械なのに人の子のような無邪気さと素直さを持っているチャッピー。

chappie-movie_10

純粋さ故の過ちや、その成長過程が、どこか愛くるしい

そのチャッピーの成長過程がこの映画のほっこりポイント。

シャールト・コプリー

ニール・ブロムカンプ監督と言えば俳優シャールト・コプリーと言う具合に、毎回タッグを組む二人。

今作ではチャッピーのモーションキャプチャをシャールト・コプリーが担当。

chappie-movie_64

人間が演じるロボットの動きも、チャッピーという人間くさいキャラクターの魅力として とても上手く表現していたと思います。

人工知能だけで終わらないテーマ

この映画のメインは人工知能ロボット チャッピーの行く末ですが、映画ラスト10分で急に動き出す本当の未知の領域こそがこの映画の真のテーマ

人工知能を超えて、人間の意識までもロボットに植え込むことができてしまう、人格と肉体の関係性が崩壊する果てしない物語

正直、後半までニール・ブロムカンプ監督らしい飛び抜けた展開がなかったなーと思っていた矢先の、この展開に思わずきたー!と目を見開くほど興奮しました。

本編ラスト10分の超展開に、こんな隠されたテーマがあったのか と、とても関心させられました。

ただのロボット映画だけでは終わらせない所がとても良かったです。

日本は編集版

完全版ではR15指定でゴア表現(グロテスクなシーン)があったのを、日本では多くの方に観て貰うためにと、配給会社である日本のソニー・ピクチャーズがRG12指定に引き下げるため、グロテスクなシーンを省いて編集

これでお子様も鑑賞できます。としたのはよくある話で。

しかし、このカット編集を当のニール・ブロムカンプ監督が把握していなかったという話題がネット上で騒がれています。

ソニー・ピクチャーズは「監督の賛同を得た上で」と説明

しかし、Twitter上でファンにこの事について指摘されたニール・ブロムカンプ監督は寝耳に水のように「何も知らない」と。


加えてワールドワイド版の編集しか知らないという。

特にこの映画を楽しみにしていた分、できればワールドワイド版である完全版を見たかったと思うのは当然のこと。

たとえ作風を損なわない形で編集を加えた。としても編集された時点で損なわれてしまった要素があることは事実

特に死による展開と暴力の表現が大きく影響する物語だったので、そこを押さえ込んじゃ元も子もないと思います。

テンション

日本人が見れば誰もが呆気にとられる、ラストの感動シーンでスウェットにカタカナで書かれた「テンション」の文字。

正直、ジーンと来ていた中で、服に書かれた「テンション」の日本語を見て思わず感動も吹っ飛び、そのシュールさにニヤリとしてしまいました。

ディ・アントワード(Die Antwoord)

日本ではあまり馴染みがないかも知れません(私も本作を見た後に知りました)が、ディ・アントワードという南アフリカの二人組ラップグループが本作には芸名そのままの役名(ヨーランディ、ニンジャ)で出演。

chappie-movie_61

その「テンション」スウェットも、実際にディ・アントワードがライブで履いていたもの。

chappie-movie_62

この二人、日本が大好きらしく、よく日本に観光にきているとか。

テンション」スウェットもファンを喜ばすポイントだったのかも知れませんが、あの場面での「テンション」はシュールすぎて人によっては笑ってしまう方も少なくないかと思います。

何より、ディ・アントワードを知らない日本人にとっては、あのシーンはこの映画最大の謎だったと思います。

おすすめ関連商品

映画レビュー