PS4やPS5のゲームをプレイ中に、
アナログスティックを触っていないのに

  • キャラクターが勝手に動く
  • 視点が勝手に動いてしまう
  • 照準が意図せず勝手にズレていく

などといった不具合の対処法を書き留めておきます。

コントローラー裏側のリセットボタンを押す

各PlayStationのコントローラーには裏側リセットボタンと呼ばれるボタンがあります。

PS4 DUALSHOCK 4の場合

裏側 右上 ネジの付近

PS5 DualSenseの場合

中央 下 ちょい右

この小さな穴の中にボタンがあるので、
コントローラの電源が入っている状態で、爪楊枝など先の細い棒で軽くカチッと5秒以上押し込んでみて下さい。

するとPlayStation本体とコントローラーの接続が切れるので、

スティックをグルグル

不具合の出ているアナログスティックを
時計回り、反時計回りに何度かグルグル回転させてください。

力を入れすぎず正確に調整するように回して下さい
力を入れすぎず正確に調整するように回して下さい

接続して確認

次にPSボタンを押してPlayStation本体とコントローラーを接続して下さい。

不具合が直っているかどうかを確認してみてください。

直らない場合

これでも直らない場合は、本格的な故障の可能性が高いので、修理に出すか。
保証が無く、分解に自身がある方はコントローラーを分解して、メンテナンスを行う手もあります。

他のゲームでも不具合が出ないか

不具合が出ているのとは違うゲームでも同様の不具合が出るのかを確認してみてください。

他のゲームでは不具合を確認出来なかった場合は、もしかしたら、そのゲーム自体のエラーかもしれません。

電波干渉を受けていないか

コントローラーが無線接続しているBluetooth規格は、希に電波同士が干渉して、不具合を引き起こす場合があります。

その場合は、コントローラーをPlayStation本体とUSBケーブルで直接 接続して、不具合が出るかどうかを確認してみてください。

もしケーブルで接続した時において、不具合が出なかった場合は、電波干渉が原因の可能性があります。

近くの無線機器を遠ざけるなど対処してください。

また、電波干渉を引き起こす家電で良く挙げられるのが「電子レンジ」です。これは電子レンジの使用中に限った話しですが、不具合が出る場合もあります。

接点復活剤を使う場合

なお、スティックの隙間から接点復活剤を噴射する方法が一部で紹介されていますが、スティック部分の内部構造的に、隙間から噴射しても可動部分に復活剤が当たらないので恐らく効果は少なく、可動部分に復活剤が届いたとしても噴射した際に飛び散った微細な液が少し付着する程度だと思うので、効果は短く、少ないかと思われます。
復活剤を使う場合は、分解してピンポイントで当てることが大事だと思います。

スターミント
Updated!

© starmint