PS5本体には“電源ランプ”と呼ばれる、PS5の状態を示すLEDライトが備わっています。

PS5は、この本体の”電源ランプの色“で今、PS5はどの様な状態なのかを判断することができます。

この記事では、その電源ランプの光り方の違いと、状態を解説します。

電源ランプが点いている時は電源コードを抜かないように

電源ランプが何らかの色で点灯している時に電源コードを抜くとPS5の故障の原因になります。

電源コードを抜く際には、きちんとPS5の電源を切ってから本体の電源ランプが消えている事を確認して、電源コードを抜くように注意してください。

電源オフ時は”消灯”

PS5の電源が切れている時は、電源ランプも同様に消えています。

電源が切れている時はランプは消灯している

本体の電源が完全に切れている状態なので、USBによるコントローラーの充電や、ゲームやコンテンツ等のダウンロードや、インストールはできません。

電源オン時は”白色”

PS5の電源が入っている状態で、正常に動作している際は、白色に常時点灯します。

白色は電源がついている状態

白色で点滅

電源を切る際や、レストモードへの移行の最初は白色のランプが点滅します。

点滅している際は、電源コードをコンセントから抜かないように注意して下さい。

レストモード中は”オレンジ色”

PS5が、レストモード(スタンバイ)中の時はオレンジ色に点灯します。

オレンジ色はレストモード

レストモード中はPS5の画面は消えますが、USBによるコントローラーの充電や、ゲームやコンテンツ等のダウンロードや、インストールが可能です。

ただし、この状態でも超省電力でPS5は可動しているので、このオレンジ色の時に電源コードをコンセントから抜かないように注意して下さい。

オレンジ色で点滅

オレンジ色で点滅している時は、レストモードに移行している状態を表しています。
レストモードに移行が完了すると、オレンジ色の常時点灯に変わります。

“青色”は起動中

青色で点灯、または点滅している時は、

  • PS5を起動中
  • レストモードから復帰

など、PS5が起動の処理をしている最中の状態を示しています。

青色は動作処理中

白色で点滅、青色で点灯・点滅したまま変わらない時は

電源ランプが

  • 白色で点滅
  • 青色で点灯
  • 青色で点滅

したまま、数十分経ってもランプに変化が無い場合は、PS5がフリーズしている可能性があります。

その場合は、強制終了などの対処をする必要があります。

強制終了のやり方は別の記事で紹介していますので、そちらを参照してください。

強制終了のやり方

赤色に点滅

PS5本体の温度が上昇しすぎて、動作に支障が出ている時には電源ランプが赤色に点滅します。

赤色は危険の信号

すみやかに本体が冷えるまでしばらく待って下さい。

この状態ではPS5は正常に動作させることができず、本体が熱いままだと故障の原因にもなります。

  • PS5本体の通気口を塞がない
  • 密閉した狭い場所にPS5を置かない
  • PS5の内部にホコリが溜まっていたら掃除をする
  • 部屋の温度を上げすぎない
  • PS5本体に直射日光を当てない
  • 高熱を発する家電(暖房機器など)の近くにPS5を置かない

など、本体が熱くなる原因を突き止めて、本体が適正温度まで冷えるように対策をしてください。

スターミント
Updated!

© starmint