このウェブサイトの
ホームに戻りますか?

ホームに戻る

ゲームプレイ中にアナログスティックを触っていないのに

  • キャラクターが勝手に動いてしまう
  • 視点が勝手に動いてしまう
  • 照準が意図せず勝手にズレていってしまう

などといった不具合(ドリフトと呼ばれる現象)をキャリブレーション(較正)して解決するフィックスリペアキットのレビューを書き留めておきます。

この方法はPlayStation5、PlayStation4、Xbox Series X & S、Xbox One S & Xの純正コントローラーに対応しています。

どうしても直らないけど、どうしても直したい人向け

まずここで紹介する方法は、既にネット上に溢れるドリフトの直し方を一通り試したけれども直らず、どうにもならなかった方に向けたものとなります。

保証がまだある場合は素直に公式サポートでの修理をお勧めします

直らない上に、既に保証も無く、ドリフト現象が起きたコントローラーを捨ててしまう前に、「こんな方法もあるんだ」といった予備知識としても知っておくと良いかもしれません。

新しいコントローラーを買うよりも安く済む

最近のゲーム機の純正コントローラーはどれも値段が約7,000~8,000円はするかなりの高額となっています。


PS5コントローラー

PS4コントローラー

Xboxコントローラー


また、保証が切れたコントローラーを修理するのにも5,000円~ほどの修理料金がかかってしまいます。

ドリフト問題を約2,000円で解決

今回紹介する方法では約2,000円でドリフト現象を直すことが出来ます。

新しくコントローラーを買うよりもだいぶリーズナブルです。

専用のレギュレーター基盤を組み込む

今回紹介する方法は、各コントローラーを自分で分解して専用のレギュレーター(調整)基盤を半田付けする必要がある為、ある程度の細かい作業が必要です。

これによって、スティック軸のキャリブレーション(較正)が出来るようになり、スティックのズレを補正することができるので、ドリフト現象を打ち消すことができます。

紹介するレギュレーター基盤は、数多くのゲームグッズを開発、販売している海外業者eXtremeRateの物を使用し、各純正のコントローラーに取り付ける形になります。

背面ボタンでお馴染みのメーカーで、コチラ↓で紹介している背面ボタンもかなりオススメです。

分解、取付けは難しい?

販売元が分解から取付けまでの手順を解説する動画を公開しています。

この動画を見て「自分にもできそうだな」と思ったらできると思います。

解説動画

PS5、PS4の解説動画
Xboxの解説動画

要注意:分解をするとメーカー保証は無くなる

当たり前ですが、コントローラーを分解してしまうとコントローラーのメーカー保証は失効してしまうので、もし分解をして完全に壊れてしまった場合にはどうにもならなくなってしまう事を覚悟しておいて下さい。

既に保証期間が終わっており、コントローラーを捨てるつもりの場合にオススメの方法です。

購入はコチラから

レギュレーター(調整)基盤を含むフィックスリペアキット(以下”キット”)は以下から購入することができます。

各機種別に対応のキットがあるので、間違えないように購入してください。

Amazon.co.jpでの製造元eXtremeRateの公式ショップ名は「exr-jp」です
希に別の業者などの転売で正規価格よりも値段が上乗せされて転売がされていることもあるので、購入前に販売元を確認してください。



eXtremeRateは商品の不備や不具合などに対してのサポートが非常に手厚いので、正規のサポートを受けるためにも転売業者からではなく、製造元から購入することをお勧めします

取付けの手順

次のページでは、実際にコントローラーに取り付けるまでの手順を書き留めておきます。

1 2
スターミント
Updated!

この記事へのコメント

comments.

コメントを書く

コメントを書く

©starmint.