スマホで忘れ物防止タグ「StickNFind」レビュー

500円玉サイズの小さな電子タグを、サイフや鞄に取り付けておくことで、サイフや鞄が自分から一定距離離れると、教えてくれたり、サイフや鞄がどこにあるかを誘導してくれる、忘れ物の防止を力強くサポートしてくれる「StickNFind」。

出資開発を経て発売からしばらく経ちますが、丁度手に入れたのでレビューをします。



いくつかレビューはありますが、どこも似たり寄ったりな使用感しか書かれていないので、ここでは素直な使用感を書いていきます。

なお、「StickNFind」は使用できるスマートフォンが限られており、

iPhone(5S、5C、5、4S)
iPad(5世代、4、3、mini)
Galaxy(S3、S4、Note2)

のみがサポートされています。

取扱説明書には”「Bluetooth4.0 Smart」に対応しているデバイスで機能する”と書かれていますが、「Bluetooth4.0 Smart」に対応していてもPlayストアからダウンロードできないように制限されている場合もあるので、サポート機種をお持ちで無い方は使用できない場合があります。

こちらで確認した所では対応とは明記されていない機種で、Galaxy Note(初代、3)であったり、NEXUS7などのタブレットでも、インストールはできますが、いずれもサポート外です。

今回は Galaxy Note3(SC-01F) を使用してレビューを書いています。

まずはフォトレビューから。
使用感は下の方です。

フォトレビュー

パッケージ

日本仕様のパッケージ。
日米どちらでも理解が出来る作りになっています。
StickNFind01
StickNFind02

パッケージには iPhone(5S、5C、5、4S)、iPad(5世代、4、3、mini)、Galaxy(S3、S4、Note2)オンリーの文字。
StickNFind05

このパッケージは少々手が込んでいて、フタ部分に磁石が仕込まれており、ペチッと気持ちよく開閉することができます。
StickNFind07
StickNFind06

開封

オシャレなパッケージデザインです。
StickNFind03

一つの商品の中に2つのタグが入っています。
StickNFind04
1台のスマホに対して同時に最大20個まで登録することが出来るので、20個使いたい方は10個パッケージを買うことになります。

本体を包むスポンジの下に説明書があります。
StickNFind08

外観

StickNFind10

接着テープは3Mの強力なもの。
StickNFind11

キーホルダーに取り付けたい場合は、付属されているアタッチメントに接着することでキーホルダーに取り付けることができます。
StickNFind09

本体を開けたところ。
ユーザー自身で電池交換が行えます。
StickNFind13

500円玉との比較。
StickNFind12
直径はほぼ同じで、厚みは粘着テープも含めて500円玉 3枚分程度です。

タグ本体に、暗い場所でも位置を知らせるためにLEDが内蔵されているのですが、明るい場所では申し訳程度にしか光りませんが、
StickNFind14
暗い場所だと結構主張してくれるので、露出した部分にタグを取り付ければ探しやすいです。
StickNFind15

専用アプリの使用感

StickNFind16

日本語への対応もほぼ完璧で(一部おかしな表記はありますが)英語の知識が無くても理解できるシンプルなアプリケーションに仕上がってます。

StickNFind17

タグを登録する際は分かりやすい名前が良いのですが、どうやら日本語では正しく動作しないようなので、「財布」としたい場合は「Saifu」や「Wallet」などにしておくと良いです。

StickNFind18

すると直ぐにタグの更新が行われます。
このメーターが動かなくても焦らずしばらく待ちましょう。

StickNFind19更新が完了するとメッセージがポップアップするので「却下」します。
恐らく、この「却下」は「閉じる」と言う意味です。
StickNFind20

そして検索するタグを選択します。

StickNFind21

するとレーダー風のデザイン上にタグが表示されます。
ここでスマホとタグの距離(電波強度)が目視でき、同時にタグの電池残量や、タグ周辺の温度まで分かるようになっています。

ここにある「鳴らす」ボタンをタップすると、即座にタグからビープ音とLEDの点滅で場所を知らせてくれます。

StickNFind22

「警告」では、”通知設定”が行えます。
「リーシュ」とはタグが検知できなくなったときに通知するかどうかの設定です。

StickNFind25

「設定」では接続速度やその他色々な設定が行えます。
ここにある「接続速度」によって「StickNFind」の電池寿命が変動し、

遅い設定で約12ヶ月
普通設定で約10ヶ月
早い設定で約7ヶ月

となっています。


使ってみて気になった所や全体の使用感

接続できるタグは1個

これが一番残念でした。
登録できるタグは最大20個ですが、一度に接続できるタグは1個のみ。
つまり同時に2つ以上のタグは検索できません
また、タグが範囲外に出た時の通知設定も、他のタグを検索すると設定が消えてしまうので、再び設定し直す必要があるため、複数のタグを利用する場合は少し手間が多いです。

ビープ音が小さい

スマホからの操作でタグ自体の音を鳴らすことが出来るのですが、この音が非常に小さい。
簡易的な騒音測定器で測ったところ、近くでもたった45dB程度しか出ていませんでした。
静かな部屋でも、だいぶ耳を澄まさないと聞こえず、人混みの中ではまず間違いなく聞こえません。

本体が開けづらい

公式でバッテリーは約1年間持つというアナウンスがされており、交換もユーザー自身で行えるということですが、本体を空ける作業に結構な力を要し、ほぼ殻割りと思うぐらいしっかりとフタがされているので、かなり強引に開ける感じになります。
女性の手だけで開けるには少し辛く、安易に交換出来ないのが気になりました。

範囲外に出たら直ぐに通知されるわけでは無い

StickNFind23

タグをスマホが検知できなくなると通知を出す機能があるんですが、これがデフォルトで90秒経たないと通知してくれない。
設定でも最低で45秒までしか設定できないので、忘れ物をして1分以内にバスとかに乗ってしまうと残念な結果になってしまいます。


通知パネルでの通知

アプリは設定によってバックグラウンドでタグを検知し続け、検知できなくなると通知してくれるのですが、ポップアップとかでは無く、通知パネルで通知されるので、アラート音を分かりやすくしておかなければ、一瞬「なに?メール?」となってしまう可能性も否定できません。
逆にタグが範囲内に入ると通知する設定もあるんですが、こちらはポップアップで出ます。

通知は鳴り続ける

タグが範囲外に出ると通知音と共にバイブレーションが鳴ります。
これは通知パネルから通知を消すことで一端止むのですが、しばらくするとまた鳴ります。
範囲内に入るか、設定を外すまで何度も鳴るので、少し面倒です。

接続サーバーが重い

StickNFind24

地図機能を使うためにsticknfind.comにユーザー登録、その後アプリからステッカーを登録するんですが、接続エラーでしばらく登録ができませんでした。
登録後も度々自動的にサインアウトしてしまうなど、満足に地図機能が使えなかったりと。
Webの管理ページも若干重く、時間帯や海外サーバーという理由もあるかも知れませんが、この辺りのサービスは雑に感じます。


総評価

物としてはだいぶ魅力的で、使い方や、利用者の理解が高ければ非常に重宝する物だと思います。
が、しかし細かい部分での詰めの甘さや、もっと、こういう通知の仕方もあるだろうなーと言う点も多くあったので、その辺りが残念でした。

私が感じた大半の不満点はアプリの完成度にあるので、今後のアップデートによって、その不満が解消されることを願いたいです。

今回使用した商品

ガジェットレビュー