500円玉サイズの小さな電子タグを、サイフや鞄に取り付けておくことで、サイフや鞄が自分から一定距離離れると、教えてくれたり、サイフや鞄がどこにあるかを誘導してくれる、忘れ物の防止を力強くサポートしてくれる「StickNFind」。

StickNFind

出資開発を経て発売からしばらく経ちますが、丁度手に入れたのでレビューをします。

いくつかレビューはありますが、どこも似たり寄ったりな使用感しか書かれていないので、ここでは素直な使用感を書いていきます。

なお、「StickNFind」は使用できるスマートフォンが限られており、

  • iPhone(5S、5C、5、4S)
  • iPad(5世代、4、3、mini)
  • Galaxy(S3、S4、Note2)

のみがサポートされています。

取扱説明書には”「Bluetooth4.0 Smart」に対応しているデバイスで機能する”と書かれていますが、「Bluetooth4.0 Smart」に対応していてもPlayストアからダウンロードできないように制限されている場合もあるので、サポート機種をお持ちで無い方は使用できない場合があります。

こちらで確認した所では対応とは明記されていない機種で、Galaxy Note(初代、3)であったり、NEXUS7などのタブレットでも、インストールはできますが、いずれもサポート外です。

今回は Galaxy Note3(SC-01F) を使用してレビューを書いています。

まずはフォトレビューから。
使用感は下の方です。

フォトレビュー

パッケージ

日本仕様のパッケージ。
日米どちらでも理解が出来る作りになっています。

パッケージには iPhone(5S、5C、5、4S)、iPad(5世代、4、3、mini)、Galaxy(S3、S4、Note2)オンリーの文字。

このパッケージは少々手が込んでいて、フタ部分に磁石が仕込まれており、ペチッと気持ちよく開閉することができます。

開封

オシャレなパッケージデザインです。

一つの商品の中に2つのタグが入っています。

1台のスマホに対して同時に最大20個まで登録することが出来るので、20個使いたい方は10個パッケージを買うことになります。

本体を包むスポンジの下に説明書があります。

外観

接着テープは3Mの強力なもの。

キーホルダーに取り付けたい場合は、付属されているアタッチメントに接着することでキーホルダーに取り付けることができます。

本体を開けたところ。
ユーザー自身で電池交換が行えます。

500円玉との比較。

直径はほぼ同じで、厚みは粘着テープも含めて500円玉 3枚分程度です。

タグ本体に、暗い場所でも位置を知らせるためにLEDが内蔵されているのですが、明るい場所では申し訳程度にしか光りませんが、

暗い場所だと結構主張してくれるので、露出した部分にタグを取り付ければ探しやすいです。

次のページ:スマホアプリの使用感
1 2
スターミント

© starmint