このウェブサイトの
ホームに戻りますか?

ホームに戻る

Windows 11 ではスタートメニューのデザインが一新されています。

新しいスタートメニュー

この新しいスタートメニューですが、

  • 全てのプログラムをピン留めアイテムと同時に表示できない
  • ピン留めしたアイテムをグループ化できない

などなど、従来のスタートメニューで出来ていたことが出来なくなっています。

まずはこちらの画像をご覧下さい。

Windws10の様なスタートメニュー

これは正真正銘、Windows 11の画面となります。

完全に従来のWindows 10を彷彿とさせるスタートメニューの見た目、使用感となっています。

実はWindows 11にはWindows 10のスタートメニューがそのまま残っており、ある設定をすると、そのスタートメニューを呼び戻すことができます。

この記事では上の画像の様に、スタートメニューを従来のWindows 10の様に戻す方法を書き留めておきます。

この記事ではレジストリーを操作します

レジストリーはWindowsシステムの非常に重要なファイルです。
レジストリーの編集を誤ると、Windowsが起動しなくなるなど、リカバリー再セットアップを余儀なくされるような事態が発生する恐れがあります。
この記事の方法等によって生じたいかなる問題や障害に対しても、一切保証はいたしかねます。
レジストリーはご自身の自己責任範囲で編集してご使用ください。
レジストリーを編集する際には、あらかじめレジストリーキーをバックアップしておくことをお勧めします。

設定方法

レジストリーエディタを開く

タスクバーのスタートボタンの上で、マウスを右クリックをしてください。

スタートボタンの上で右クリック

メニューの中から「ファイル名を指定して実行」を選択します。

ファイル名を指定して実行

名前の入力欄に

regedit

と入力しOKを選択ます。

「regedit」と入力

ユーザーアカウント制御の画面が表示されるので、はいを選択します。

特定のキーを開く

アドレスバー文字列を一度全て消して、

この画像で言う矢印の先の「コンピューター」の部分の文字列を一度全てDeleteしてください

下記のキーをコピー&貼り付けて、

コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced

Enterキーを押してください。

こんな感じになればOK

値を作成する

右側の空きスペースで、右クリックをして、

新規」→「DWORD(32ビット)値」を選択して

「DWORD」を選択

名前を下記の通り入力して下さい。

Start_ShowClassicMode
「Start_ShowClassicMode」と入力

値のデータを編集する

今し方作った「Start_ShowClassicMode」をダブルクリックして編集ウインドウを出して下さい。

値のデータに「 1 」と入力してOKを選択します。

値のデータに「1」と入力

再起動する

コンピューターを再起動して下さい。

再起動後、スタートメニューを開いてみて下さい。

こうなっていれば成功です。

あとは好きなように、プログラムをピン留めしたり、ピン留めしたアイテムをグループ化もできます。

  • なお、この旧式スタートメニューは、左側に寄って表示され、中央に寄せることはできません。

タスクバーのアイコンを左に寄せるには

タスクバーのアイコンなどを左側に揃えたい場合は、こちらの記事を参照してください。

スターミント

© starmint