Windows11ではタスクバーのアイコンサイズが固定されており、変更ができなくなってしまいました。

このアイコンを小さくしたい!

という方の為に、この記事ではタスクバーのアイコンサイズを小さくする方法を書き留めておきます。

こうなります
この記事ではレジストリを操作します

レジストリはWindowsシステムの非常に重要なファイルです。レジストリの編集を誤ると最悪の場合、Windowsが起動しなくなり、リカバリーや初期化をしなくてはならない事態が発生する恐れがあります。
また、この記事の方法等によって生じたいかなる問題や障害に対しても、当方は一切責任は負わず、保証もいたしかねます。ご自身の自己責任で編集をしてください。
その為、レジストリを編集する際には、あらかじめレジストリキー等をバックアップしておくことをお勧めします。

設定方法

レジストリ エディターを開く

まずはタスクバーのスタートボタンの上で、マウスを右クリックしてください。

メニューの中から「ファイル名を指定して実行」を選択します。

ファイル名を指定して実行

名前の入力欄に

regedit

と入力しOKを選択します。

「regedit」と入力

ユーザーアカウント制御の画面が表示されるので、はいを選択します。

特定のキーを開く

アドレスバー文字列を一度全て消して、

矢印の先の「コンピューター」の部分の文字列をDeleteしてください

下記のパスをコピー&貼り付けて、

コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced

Enterキーを押してください。

値を追加する

ウインドウ内の空いているスペースで右クリックをして、

出てきたメニュー項目から「新規(N)」→「DWORD(32ビット)値(D)」を選択します。

右クリック→ 「新規」→「DWORD値」

値の名前は

TaskbarSi

と入力します。

値のデータは0でいいので、このままレジストリ エディターは閉じても構いません。

エクスプローラーを再起動

そして設定を反映させる為に1度エクスプローラーを再起動します。

そのままWindowsを再起動してもOKですが、何かの作業中や電源を切りたくない場合は下記の通りにしてください。

Windowsを起動したままエクスプローラーを再起動する方法

スタートボタンの上で”右”クリックをします。

出てきたメニュー項目の中から「タスクマネージャー」を選択します。

タスクマネージャー

表示されたタスクマネージャーが簡易表示になっている場合は、「詳細」を選択して詳細表示に切り替えて下さい。

左下に「詳細」と出ている場合は、選択して切り替えて下さい。

プロセス一覧の中から「エクスプローラー」を探してください。

その「エクスプローラー」にマウスカーソルを合わせて右クリックをし、メニューの中から「再起動」を選択します。

エクスプローラーの上で右クリックメニューの中から「再起動

エクスプローラーの項目が複数ある場合は、全てを「再起動」してください。

これでタスクバーのアイコンがググッと小さくなりました。

Before

After

ただしデザイン崩れがある

この方法でアイコンを小さくすると、右下のアイコンと日付がズレてしまい、残念ながら見辛くなってしまいます。

画面外へはみ出てしまう

大きくすることもできる

レジストリで作成した「TaskbarSi」の値を「2」として修正すると、タスクバーのアイコンを逆に大きくすることができます。

こちらはアイコンや日付のズレも起こりませんでした。

元のサイズに戻すには

レジストリエディターから、作成した「TaskbarSi」を削除するか、値を「1」として、エクスプローラーを再起動すると元のサイズに戻ります。

また、この方法は今後のWindowsアップデートで使えなくなる場合もありますので、ご留意ください。

スターミント

© starmint