Windows 10までは、タスクバー上で右クリックをしたメニューの中からタスクマネージャーを起動することができましたが、
Windows 11では、少し仕様が異なっています。

Windows 11でのタスクマネージャーの起動方法を書き留めておきます。

Windows10と同じ方法では開くことができなくなった

Windows 10まではタスクバーの空いているスペースであれば、どこでも右クリックからタスクマネージャーを起動することができましたが、
Windws11では空いているスペースを右クリックしてもタスクマネージャーの項目は出てきません。

11ではスタートメニューのボタンの上で右クリック

Windows 11では、スタートメニューのボタンの上で右クリックしたメニューから起動できるようになっています。

田マークの上でマウス右クリック

出てきたメニューの中からタスクマネージャーを選択します。

出てきたメニューの中からタスクマネージャーを起動

キーボードショートカットキーでも起動できる

また、これまでのWindowsと同様に、キーボードの「Shift」+「Ctrl」+「Esc」からでもタスクマネージャーを起動することができます。

キーボードの Shift + Ctrl + Esc を同時押し

これでタスクマネージャーが起動します。

タスクマネージャー自体の使い勝手は10と同じで、左下の詳細を選択すると詳細表示のタスクマネージャーも使用できます。

スターミント