Sony「SmartWatch 2 SW2」おすすめ便利アプリ紹介 その4

GoogleによるAndroid Wearスマートウォッチが話題の中心になっていますが、それでもソニーのスマートウォッチのアプリは日々開発されています。

今回で4回目になりますが、

に続きまして、私が実際に使ってみて これはオススメできる! という SmartWatch 2 対応アプリを紹介したいと思います。


スマートォッチアプリ

Wearable Widgets(無料/有料)

スマートウォッチ上でスマートフォンのウィジェットを表示することが出来るアプリ。

好きなウィジェットを自由に表示させることが出来ます。
電車タイマーを表示させたり、電子マネーの残高が確認出来たりなど可能性はPlayストアにあるウィジェットアプリの数だけあります。

配置できるページを増やすには有料でアンロックする必要がありますが、1ページ分だけ無料なので、入れておいて損は無いと思います。
playstore
国産では[AppWidgetDisplay 2]と言うアプリがあり、こちらは基本有料ですが、ページ内に複数ウィジェットを配置できるなどの特徴があります。

Watch Membership(無料)

ポイントカードのバーコードを一元管理し、スマートウォッチのディスプレイにそのバーコードを表示できるアプリ。
予めポイントカードのバーコードを登録しておけば、レジにてスマートウォッチに表示させたバーコードを差し出すだけで会員認証が出来るので、ポイントカードをサイフから探し出す手間が省けます。

使い方は単純にポイントカードにあるバーコードの番号を入力するだけ。

例えばPontaカードはCODABARと言う種類のバーコードを使っており、中身は会員IDの番号のみなんですが、何故かこのアプリではPontaのID番号をCODABARでは登録できませんでした。
一部情報によるとCode128やCode39でもレジで読み取ってもらえるらしいのですが、確認は取っていません。

あくまでバーコードで会員認証をするポイントカードが対象なので、磁気カードなどで会員認証するものには対応できません。
また、お店によってはポイントカード自体を提示しなければならない場合もあるので注意して下さい。

playstore

腕時計のランチャー(無料)

スマートウォッチ上からスマートフォンのアプリを起動できるアプリです。
あまり実用性はないかも知れませんが、使い方によっては利便性の向上に繋がるかも知れません。
本来の目的とは違って公開して頂いている本アプリですが、今後のアップデートでショートカットにも対応して欲しいところ。
playstore

AutoLockPhone(有料)

スマートォッチと接続が切れると、スマートフォンをPINコードロックしてくれるアプリ。

普段何もロックをかけていないスマートフォンを置き忘れた時に、他人に操作されるのを防ぐのに持ってこいです。

パスコードを忘れたり、登録したスマートウォッチとの接続が確立できないとロックが解除できなくなるので注意してください。
playstore
使用するには管理者権限を与える必要があるので、一度アプリを起動して権限を有効にしてください。

SWP – SmartWatch Music Player(有料)

ヴィジュアル性の高いスマートウォッチ用のミュージックプレイヤー。
ジャケット写真の表示や必要最低限の操作パネルに加え、イコライザーまでも操作出来る見た目、操作性共に優れた物になっています。
playstore

スパイレコーダー(有料)

その名の通り、密かにスマートフォンのマイクで音声を録音することが出来るアプリ。

ソニー純正のボイスレコーダーでは通知バーに録音中と表示されてしまう点、こちらは通知表示されず、スマートウォッチで操作しなければ録音ファイルも開けない仕組みとなっているので、秘密に録音するのに最適なボイスレコーダーアプリです。
playstore

Remote for SmartWatch 2(有料)

Root化された端末専用です。(通常のスマートフォンでは利用できません)

スマートウォッチからスマートフォンを遠隔操作できるアプリです。
上下左右の矢印キーと決定キーを使ってスマートフォンを操作出来ます。
多少操作性が劣るものの、バックキーやメニューキーはそのままスマートウォッチのものが使用できるようになっています。
playstore


ウォッチフェイスアプリ

WatchFace Widgets SmartWatch2(無料/有料)

ウォッチフェイスを沢山のパーツの中から自由に配置、デザインできるアプリです。
さらにスマートフォンとの連携など、表示以外での機能も盛り沢山で、これ一つあればデザインと利便性の両方をパワーアップしてくれます。

無料版では4個までのウィジェットを使えますが、有料版にアンロックすれば制限はなくなります。

見事な国産アプリです。
playstore

mStateSW(無料)

スマートウォッチとスマートフォンが接続されているか表示できる1×1の小さなアイコンです。
希にBluetoothがオンでもスマートウォッチとの接続が途切れてしまう場合があり、一見すると繋がっているか切れているか分かりにくいので、その状況をすぐに理解できる優れものです。
playstore

Watch Faces for SmartWatch 2(無料)

シンプルで実用性のあるウォッチフェイスが5種類収録されています。
playstore


併せてこちらの記事もどうぞ

市販のメタルバンドに交換してみました


おすすめ関連商品

スマホアプリレビュー