Sony「SmartWatch 2 SW2」おすすめ便利アプリ紹介 その1

SmartWatch2 を身につけるようになって3週間弱が経ちまして。

同じく SmartWatch2 を持っている方の参考になればと思い、私がおすすめする便利アプリを紹介していきたいと思います。

併せて

もどうぞ。



WatchIt!(無料)

スマートフォンに表示される通知を SmartWatch2 へ流して表示してくれるアプリです。
SmartWatch 2 で最も重宝される通知受け渡しアプリの一つです。
メールやLINEなどの通知を SmartWatch 2 で確認するのに最適です。

2013年11月21日現在の設定例です。アプリのバージョンアップにより、設定方法が変わっている場合があります。

デフォルトでは全てのアプリの通知がオンになっているので、設定から「Default App Setting」を「Ignore(無視)」にし、その後「App Setting」から SmartWatch2 に通知を流したいアプリを個別で設定していくと良いです。

Ignore」→ 非通知
Show toasts」→ トーストのみ通知
Show notifications」→ 通知バーに表示される通知文のみ通知
Show both」→ トーストも通知バーの通知文も通知

通知とは
2013-11-21 17.59.15
トーストとは
2013-11-21 17.59.50
を差します。


また、SPモードメールやドコモメールを通知設定するとメールを送信する際に「送信中」などの通知が大量に SmartWatch2 に流されてしまいます。
これを回避するには、SmartWatch2 側で、該当の通知を表示し、

DSC03072
1. メニューキーを押し、メニューを表示させ、
2. Block this をタップすると同じ通知は二度と表示されなくなります。

また設定の「Show on watch」を「Only when screen is off」にしておくと、スマートフォンの画面が点いてるときに表示された通知は SmartWatch2 に流さないように出来ます。

playstore

SmartWatch通知(有料)

有料ですが上の WatchIt! と同等の機能を持っており、日本語に対応しているのがポイント。
WatchIt! との違いは通知をさせない時間帯を設定できたり、独自で任意の文字を時間経過で表示させることができます。

全般or個別ブロックキーワードにも対応しており、SPモードメールやドコモメールなどは

2013-11-21 17.36.19
などと設定しておくと無駄な通知が省略され、表示させたくない通知はここで文字列として設定しておくと良いです。

playstore

AppWidgetDisplay 2(有料)

ホーム画面などに配置できるウィジェットをSmartWatch 2の画面上に表示させることが出来るアプリです。
自由にデザインできる時計ウィジェットを置いたり、お好みの音楽プレイヤーウィジェットを配置したり、電子マネーなどを多用する人は残高表示のウィジェットを配置したり、使用用途はウィジェットアプリの数だけあります。
カスタマイズ性も非常に高く、細かな配置が可能です。

価格が500円とSmartWatch 2アプリの中では少々値が張るものの、SmartWatch 2 の使い道が格段に上がるため、それ相応の対価はあると思います。
playstore

リモートショット for SmartWatch2(有料)

SmartWatch 2 のディスプレイをファインダーにスマートフォンのカメラを遠隔操作撮影が出来る有料アプリ。
Sony公式の Smart Camera はスマートフォンの画面がオンの状態でしか反応しないが、このアプリはスマートフォンの画面が点いていなくてもカメラがリモート起動できます
Smart Camera との違いは
「画面がオフでも起動できる」
「バックグラウンドでカメラが起動するのでスマートフォンの操作が妨害されない」
「SmartWatch上で “アウトorインカメラ” “フラッシュモード” “撮影解像度” “セルフタイマー” “シャッター音” の変更操作が出来る」
など、利点が多いです。
playstore

Commander(無料)

SmartWatch2 からスマホの機能を切り替えることができるアプリです。
切り替え可能なのは「Wi-Fi」「テザリング」「モバイルデータ」「Bluetooth」「サウンドモード」「データの自動同期」「機内モード」
playstore

Tasker – Smart Extentions(無料)

SmartWatch2 から「Taskar」アプリで作成したタスクを実行できる。
Taskerを使っている人限定ですが、連携させることで出来ることが無限大に広がります。
※事前にTaskerの設定から「Misc→Allow External Access」をオンにしておく必要があります。
playstore

GPS Maps for SmartWatch2(無料)

SmartWatch2 上で地図を表示できるアプリです。
他にも地図を表示できるアプリはありますが、予め登録しておくと車を駐車した場所まで導いてくれる機能などもあります。
スパイ気分的な楽しみはあるものの、使っていないときにも裏で何か処理をしているのか、地味に電池を食い続けるのが気になりました。
まだ開発段階ということで、現状では実用的ではなく、今後のアップデートに期待です。
playstore

併せてこちらの記事もどうぞ

市販のメタルバンドに交換してみました


おすすめ関連商品

スマホアプリレビュー