PSVRの視点が左にズレていくのを直す対処方法

PSVRを楽しく利用している方の中で多くの方が悩まされているであろう現象の一つに、
ゲームをプレイしていると次第に視点が左の方へズレていき、
気がついたら真後ろを見ながらゲームをしてるなんて奇妙な状態になってしまったなんてことが。

これを修正するには、ズレる度にゲームを中断して、画面位置をリセットさせる必要があり、またゲームによってはリセットしても、他の動作に(視点は前だが操作する手が明後日の方向など)支障が出てしまうなど。

このズレてしまう現象を解消する方法を書き留めておきます。


PS4の電源が入っている状態で説明します。

左ズレ防止方法

手順①

まずPSVRの電源を入れる前に、PSVR本体を水平のテーブルの上に置いて下さい。
psvrleft_01
本体の向きはカメラの方で無くても、どこを向いていても構いません。
とにかく水平に置いて下さい。

手順②

そして水平の状態のままPSVRの電源を入れます
psvrleft_03

手順③

PS4の画面左上にVR接続のアイコンが表示されますが、まだPSVRは水平テーブルの上に置いたまま触らないで下さい。
psvrleft_04

さらにしばらくすると「マイクがVRヘッドセットのマイクに切り替わりました」とのメッセージが表示されるので、それから10秒間待ってからPSVRを手にとってかぶって下さい。
psvrleft_05
これで左にズレていく症状が解消されるようです。

どうやら、電源を入れてすぐはPSVRがセンサーのキャリブレーション(調整)をしているようで、その最中に本体を触ってしまうとセンサーの設定が狂ってしまうのが左にズレていく原因のようです。

しかし、長時間使用していると多少なりともズレてしまうのは今のところどうしようも無いようですが、この方法をやれば短時間での左ズレは無くなるようです。


また、電源オンのタイミングも関係なく、ズレが出始めた時には、一度PSVRを外して、水平のテーブルに10秒ほどしばらく置いておくのも効果があるようです。


これは公式に発表された対処法では無く、これで解決しない場合もあるので予めご了承下さい。

PSVRオススメ関連商品

覚え書き