映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』感想(ネタバレ&あらすじ有り)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(原題:Guardians of the Galaxy)
日本公開日:2014年9月13日

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー とは

gog

地球生まれの盗賊。人体改造されたアライグマ。心の優しい木のモンスター。怒りと憎しみを持つ大男。悪の親玉に育てられた暗殺者。という全く接点の無いバラバラのならず者達が、宇宙を滅ぼす脅威から惑星を守る為に手を取り合い、
困難や問題にぶつかりながらも、いつしかヒーローとして奮闘するチームへと成長するSFアクション。

オススメポイント
一人で見る:
友達と見る:
デートで見る:
家族と見る:
お子様と見る:
クスッと笑えるシーンが多く、感動シーンも。
エロやグロはありませんでした。

構想から4年を経ての公開。
マーベル・スタジオズの新しいヒーロー映画となります。

アイアンマンやキャプテン・アメリカなどのアベンジャーズシリーズとの接点もあり、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーもアベンジャーズ3で合流するとの噂もあるので、アベンジャーズシリーズ好きは見逃せません。


予告編

gog00

これより下にはネタバレが含まれます

※これ以降は筆者の感想と共に作品の内容に深く関係する記述が多く含まれています。最低限の配慮はしていますが、今後作品をご覧になる際、先入観により純粋に作品を楽しめなくなる可能性があります。またこの感想は筆者の私見であり、矛盾点や間違いがある場合があります。それら全て含め、ご了承頂いた上でご覧下さい。


あらすじ(ネタバレ)

地球のとある病院でソニーのウォークマンで音楽を聴く少年 ピーター。
gog27
お祖父さんに呼ばれ、病室に入るピーター。
病室のベッドには衰弱したピーターの母親が。

母親は最後の時を覚悟し、ピーターに一つのプレゼントを用意していた。
私が居なくなったら開けてと、そのプレゼントを渡し、パパが戻ってくるまで後の世話はお祖父さんがしてくれると、最後に手を握ってと力を振り絞ってピーターに手を差し伸べる母親。

しかしピーターはその手を握ることが出来ず、そのまま母親は息を引き取る。
その母親の死に直面したピーターは取り乱し、病院を飛び出してしまう。

病院の外に出たピーターは夜空の上空から照らされた目映い光に包まれる。


—26年後—

惑星モラグ。

すっかり成長したピーターはマスクを被った姿で愛用のウォークマンで音楽を聴き踊りながら、ある遺跡に侵入。
gog02
gog03
その中でオーブと呼ばれる物を盗んだピーター。

するとそこにある一味が。
gog04
一味はオーブを狙うロナンの手下。
一味はピーターにオーブを手放せと要求。
ピーターはすぐにオーブを手放し、俺は”スターロード”だと明かすがピンとこない模様。一味はピーターを連行しようとする。
gog05
そんな中、ピーターは一味の隙を突いてオーブを持ち去り逃げようと、そこまで乗ってきた宇宙船に乗って逃れようとする。
gog06
一味の追い打ちもかろうじて避け、何とか惑星モラグを脱出。
gog24

ザンダー星へ向かうピーターの宇宙船にある通信が。
相手はヨンドゥ。
ヨンドゥはピーターをラヴァジャーズと呼ばれる窃盗・密輸団で育てた父親代わりで盗賊。
ヨンドゥはピーターがオーブを狙った後に姿を眩ましたことに追求するが、居場所も向かっている先も口を割らないピーター。

ヨンドゥはピーターを捕まえ、殺すことを示唆。
通信が切れた後、ヨンドゥは手下にピーターを生け捕りにすることを命令。

一方ロナンの宇宙船。
gog11
ロナンはサノスと呼ばれる宇宙の支配者にオーブを渡すことで、憎きザンダー人を滅ぼすという契約をサノスと交わしており、そこに惑星モラグでピーターを逃した一味が帰還。
gog37
ピーターの事を聞いたロナンはオーブを奪い返すべく、ガモーラと言うサノスによって鍛え上げられた暗殺者を送り込むことに。

惑星ザンダー。
gog25

ピーターはオーブを持ってあるブローカーの元へ。
早速オーブを渡し、換金を待つが、ピーターがロナンの手下に襲われたことをボヤくと、ロナンの名を聞いたブローカーは血相を変えて、取引を中止。
ピーターに帰ってくれと店を追い出す。

仕方無く店を後にしようとしたところにロナンが送り込んだ暗殺者のガモーラが。
ガモーラはピーターからオーブを奪うために街の中で激しい争いを。
gog34

そこにヨンドゥがピーターに賭けた懸賞金を狙う、幾度の人体実験によりアライグマの姿になってしまったロケット、樹木の姿をしたグルートが参戦。
gog33
街中で銃を乱射したりの大騒ぎ。
gog07

そこに銀河の治安を守るノヴァ・コーズと言う組織が。
ピーター、ガモーラ、ロケット、グルートを逮捕。
規約と前科により、4人は宇宙刑務所キルンに送られることに。

監獄に連れられる間に、ガモーラはロナンを裏切るようなことをピーター達に告白。
オーブは他に売り飛ばすと。
gog35
そして監獄で、没収された自分のウォークマンを着けていた看守を見つけたピーターは、それを返せと向かうが、電気ショックで簡単に倒されてしまう。

そして多くの囚人が集められた広場に連れて行かれる4人。
ここでは無法。看守も見て見ぬ振りのなんでもありの場所だった。
そこでいきなりの新人いびりを受け、人殺しとして有名なガモーラは囚人達から大バッシング。
しかしグルートの無垢な抵抗で、そのいびりも終息。

そしてその夜。
複数の囚人にガモーラがどこかに連れて行かれるところを目撃したピーター。
追いかけると、どうやら囚人達はロナンの手下に家族を殺され、そのロナンの手下であるガモーラに八つ当たり。殺してやると。

するとそこに一人の大男 デストロイヤーが。
デストロイヤーもまたロナンに愛する家族を殺され、復讐のため監獄に来た時からガモーラに目を付け、狙っていた。
俺の獲物だと他の囚人を除け、ガモーラを殺そうとするが、ここでピーターが止めに入る。
ガモーラを生かしておいた方が得だと、なんとか理由を付け、デストロイヤーからガモーラを解放。

ガモーラを助けたのは、オーブを大金で買い取る先を知っているから。
そしてロケット、グルートを仲間に、脱獄を計画。無事成功したらオーブを売った大金を4等分する約束を着ける。

一方、ガモーラが捕らえられ、裏切りを計画していた事を知ったロナンは、サノスの命により、ガモーラと姉妹のようにサノスに暗殺者として育て上げられた ネビュラ と共にキルンへ向かうことに。

そしてキルンでは脱獄の計画を練っていたピーター、ガモーラ、ロケットの3人。
まずは看守が着けてる腕のデバイス、義足が必要だと。腕のデバイスはガモーラ。義足はピーターが。
そして最後にバッテリーが必要だが、それを外すと非常事態の警報が鳴るため、それは一番最後にしようと決めたとき、背後に居たグルートがそのバッテリーを外してしまう。
gog36
すると刑法が流れ、無人飛行看守ロボットが無数やってきてグルートを包囲。

仕方無く、すぐにそのまま脱獄計画を決行。

華麗な立ち回りで腕のデバイスと義足を奪取するガモーラとピーター。

そして看守ロボットに取り囲まれたグルートとロケット。
そこにデストロイヤーがやってきて、看守から奪った銃をロケットに投げ渡し、周りの敵を一蹴。
gog17
デストロイヤーは共に脱獄し、ロナンを倒そうと着いてくることに。

そして奪った腕のデバイスで監視塔に入った4人はロケットの操作で監視塔ごと脱獄。
gog30
義足はただの冗談だったとピーターをあざ笑うロケット。
gog31

そして没収されていたそれぞれの持ち物を奪い返し、ピーターの乗っていた宇宙船を発見。
そこに向かう一同。

そして宇宙船に乗ったが、そこにピーターの姿が無い。
ピーターは自分のウォークマンを奪い返すべく、別行動。
そしてウォークマンを奪い返すが、一方 宇宙船では警備隊がやってきて、もうピーターを待ってられない状況で飛び立つことに。
すると、そこにピーターが。
gog32
なんとか宇宙船に乗り込み、キルンを抜け出すことに成功。

宇宙船はそのままガモーラがオーブを売ろうとしていたブローカーの居る惑星ノウェアへ。
gog26

ノウェアに着くと、ある屋敷に。
gog08
そこには色々な珍しい物を買いそろえている、通称 コレクター と呼ばれる人物が。
そこでコレクターからオーブとはなんたるかを知らされ、オーブの力を手に入れれば計り知れない力を手に入れ、星一つぐらいなら自由に支配できるという。
gog15
6つに分かれた石の一つが、今回のオーブであると。

そして換金をしてくれとせがむが、コレクターがメイドとして従えていた一人が、そこを逃げ出す為、開かれたオーブに手を入れてしまう。
するとオーブの力に耐えきれず、メイドは身体もろとも大爆発。
爆風に飛ばされるピーター達。

すぐにオーブを閉じ、その威力を目の当たりにしたガモーラは、オーブを売るべきでは無い。ノヴァ・コーズに保管させるべきだと提案。
gog16
そしてノヴァ・プライムと呼ばれるノヴァ・コーズのリーダーに会うため惑星ザンダーへ向かうことに。

しかし、そこにロナンの軍が襲来。
gog28
同じくピーターを追っていたヨンドゥもそこに。

そしてロナンを見たデストロイヤーはロナンに勝負をけしかける。
妻と娘を殺したと迎え撃つが、ロナンはそんな事覚えていないと。それに怒り狂い戦いを挑むが、全く歯が立たず軽くあしらわれてしまう。
gog22

隙を突いて小型飛行船で逃げるガモーラ、ピーター、ロケット。
それを追うネビュラ。
兵器も着いていない飛行船でただ逃げることしかできない3人。
gog29
体当たりなどで応戦するが、宇宙空間でついにガモーラの乗っている飛行船が破壊され、宇宙空間に投げ出されるガモーラ。
そしてネビュラによってオーブが回収。

デストロイヤーを倒したロナンはネビュラと共にキルンを去って行く。

宇宙空間に残されたガモーラは、宇宙空間では長い間肉体を維持できないと、ロケットはガモーラの命を諦め、去って行く。
が、ピーターは諦めきれず、一つの望みに賭けることに。
ヨンドゥへ通信し、助けてくれと。

ピーターは飛行船を下り、宇宙空間に漂うガモーラの元へ。
自らの肉体も侵食される中、ヨンドゥの宇宙船が。
救出されるピーターとガモーラ。

しかし事情を知らないロケットは二人が捕らえられたと勘違い。
gog14
キルンへ戻り、グルートとデストロイヤーと共に二人を奪い返すことを決意。

一方、オーブを手に入れたロナンは、オーブの力を知り、サノスとの約束を破り、自らの手でザンダー人を滅ぼすため、自らにオーブの力を注ぎ、強靱な力を持ったオーブのハンマーを手に入れる。
gog12

そしてなんとか一命を取り留めたピーターとガモーラはヨンドゥの宇宙船で尋問を受けていた。
ヨンドゥを裏切ったピーターは拘束され、ヨンドゥから昔ピーターを捕獲し、食べないよう仲間を説得したのは俺だと言うが、勝手にさらっておいて食べないのが普通だと言い争い。
そしてついに殺しの命が下るが、ピーターはそれではオーブは手に入らない。ガモーラがロナンの弱点を知っている。などと説得し、再び手を組むことに。

するとそこにロケット達の宇宙船が。
攻撃を仕掛けようとするが、ピーターが潔白と手を組んだことを告げ、ザンダーを救う作戦を立てる。

オーブの真の力は地表でしか発揮できなため、ロナンが地表に着く前に倒し、そのあとオーブを回収し、ノヴァ・コーズへ渡すというシンプルなもの。
gog09

そしてノヴァ・コーズへ通信。
ロナンがオーブを手に入れ、惑星ザンダーを滅ぼそうとしているとメッセージを送る。
脱獄したピーター等が再びここに戻る事は救援を求めていることだろうと考えたノヴァ・プライムはピーター等を救援することに。

ついに惑星ザンダーにロナンの宇宙船が襲来。
gog13
ピーターwithヨンドゥVSロナン軍のドンチャカ。
gog18

そしてピーラー等はロナンの宇宙船に侵入。
そこでロナンと対するが、オーブの力を手に入れたロナンには傷一つ付けられず、捕らえられてしまう。
gog10
するとそこに別の飛行船に乗っていたロケットが飛行船ごと体当たり。
宇宙船は墜落を始め、このままでは全員助からないと察したグルートが身を挺して守り、墜落と共にバラバラになるグルート。

相棒の死に悲しむロケット。

そしてそこにロナンが降臨。
gog20

すると急にピーターがダンス。
なにをしていると不思議に見るロナンに、注意をそらしていると告げた瞬間、隙を狙ったロケットがロナンのハンマーに向けて砲撃。
砕かれ、中からオーブが露出。
直ぐさまそこに手を伸ばすピーター。

そしてオーブを掴んだピーターはオーブの力に体が破壊されそうな中、ガモーラが助けるために手を取ろうと。
gog19
その伸ばした手を、幼い頃自分に手を差し伸べた母親と照らし合わせながら。


果たしてピーターはその手を掴むことが出来るのか。
ロナンに打ち勝つことが出来るのか。

そして粉々に砕けたグルートの運命は。


エンドロール後はちょっとしたおまけがあります。


ならず者の寄せ集めチーム

こいつ等がヒーロー?と思うぐらいヒーローらしくない面子が、全く接点の無い中、一つの切っ掛けから起こる出来事で繋がっていく。
gog23
そして悲しみや問題を分かち合い、仲間として成長していき、最後には星を救うヒーローとして成る。

バラバラのキャラクターがガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとしてのチームとなる為の過程で気持ち良いぐらいにそれぞれのピースがハマっていくのが見ていて楽しく、展開も飽きずに見ることができました。

感動もあればアメリカンな笑いも豊富

随所で観客の笑いを誘うシーンが盛り込まれており、その点でも楽しめます。
その面白さも映画の品質を壊すようなものではなく、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーという作品を表しているかのような、この面白さも含めた世界観がとても魅力的で最後にはその面白さがクセになってしまうかも。

そしてそれの反面、きちんと感動シーンもあり、笑いあり、涙ありとはまさにこの事なんだなーというぐらいに、作品としての見所が盛り沢山でした。

逆にシリアスで真面目なバットマンの様なヒーロー映画を期待して見ると、ガッカリしてしまうかも知れません。

子供にも楽しい

実写のヒーロー映画と言えば、「カッコいい」と言うのが一番の大前提にあると思いますが、この映画には 盗賊 を始め アライグマ も居れば 木のモンスター や 緑色の女暗殺者 、 超マッスルな大男 などバラエティーに飛んだキャラクターが入り乱れて戦い、複雑なストーリーを気にせずとも楽しめる部分も多いので、お子様でも十分楽しめる内容となっています。
gog21
子供でも笑えるシーンも多く、過激なエロシーンも少ない上に全体的に明るくテンポの良い内容と、細かいところを見なければ難しい内容でもないので、お子様と見るにも有りだと思います。

懐かしの音楽が添える物語

主人公が持っているウォークマン。
gog27
このウォークマンでの音楽がこの映画のBGMとして流れる演出があるのですが、その選曲がなかなか鳥肌ものなチョイスです。
CMで流れているブルー・スウェードのHooked On A Feelingが押し出されていますが、他の選曲もなかなか良曲揃い。
特にラストの母親から送られたカセットテープに入っていたマーヴィン・ゲイ&タミー・テレルのAin’t No Mountain High Enoughなど、その話にピッタリ合うような歌詞が、上手い具合に物語を語っていて感動を増してくれます。

曲の歌詞を理解することで、さらにこの映画の深い部分も理解できるなかなかの演出でした。

IMAX3Dに力を注いだ映像美

監督のジェームズ・ガンはIMAXに惚れ込んでおり、今作ではよりIMAXを意識した映像作りに励んだとか。
gog01
上のインタビュー映像ではIMAXの良さや、本作でのIMAXでの見所など語っているので、気になる方はIMAXで見てみて下さい。

ただ一つ、そのIMAXを駆使した大興奮する大規模なシーンが物足りなく感じてしまったのは少し残念。
宇宙規模ならもうちょっと大それたことをやって欲しかった所。

アベンジャーズシリーズとの接点

“マーベル”で”ヒーロー”と来れば、その他のアイアンマンやキャプテン・アメリカ等との接点が気になるところ。

もちろんこの作品も それら、アベンジャーズシリーズとの繋がりがあります。
gog41

今作では映画「アベンジャーズ(2012)」のラストに出てきた サノス という悪役と契約した ロナン が敵役として出てきます。


gog38

さらに映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2014)」にもエンドロール後のおまけ映像で出てきた コレクター というキャラクターも今作で登場するなど、同じ世界観を共有していることが分かります。


さらにインフィニティ・ストーン(ジェム)と呼ばれる
gog39

映画「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011)」と映画「アベンジャーズ(2012)」に出てきた コズミックキューブ 。

gog40

そして映画「アベンジャーズ(2012)」でロキが持っていた 杖の先端にある石 。

さらに映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2014)」に出てきた エーテル 。
そして今作のオーブ。
など、宇宙の誕生と共に生まれた石が6つあると言うのが今回のこの映画で明かされたわけです。
これまで4つ出てきて残り2つ、それら全ての石をサノスが集めようとしていると。
そして全てを集め、インフィニティ・ガントレットと言う手袋を作ることで宇宙を滅ぼすという物語があります。

次回の映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015)」には、このガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは参戦しないようですが、アベンジャーズ3(未定)で合流するという噂があります。

次回作は

既に発表されているマーベルの映画公開予定には2017年に「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2」のタイトルが予定されているので、順調な予定ならば、あと3年後に続編が公開となります。

内容は恐らく、今作で明かされたピーターの父親絡みの話などそれぞれのキャラクターのエピソードに視点を向けた物語になりそうです。

2015年公開予定の「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015)」に続き、同年公開予定の「アントマン」「ファンタスティック・フォー(リブート)」と、アベンジャーズ3に向けての新ヒーローの地盤が固まっていき、マーベルヒーロー映画の規模がどんどんと大きくなっていくのが今から楽しみです。

続編の感想


オススメ関連商品

映画レビュー