目次

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~(原題:About Time)
日本公開日:2014年9月27日

まったりと飽きずに見ることができました。

アバウト・タイム ~愛おしい時間について~ とは

about_time

青年ティムはある日父親から、ウチの家系に生まれた男はタイムトラベルの能力があるという事を明かされる。
ティムは半信半疑で父親の教えを実行すると、自分が失敗したと後悔する出来事の直前に戻っていた。
それからティムは悪戦苦闘しながらも自分の想う様に過去をやり直すが、ある日やってきた避けられない運命に直面したティムが取った行動とは。

オススメポイント
一人で見る:
友達と見る:
デートで見る:
家族と見る:
お子様と見る:
見終わった後にほんわか幸せな気持ちになれます。
エロシーンはチラホラ有り。

リチャード・カーティスお得意の彼の独特の恋愛コメディに溢れた世界観が繰り広げられます。
出演はドーナル・グリーソンを主演にレイチェル・マクアダムス、ビル・ナイなど。


予告編

about_time00

これより下記にはネタバレが含まれます

※これ以降は筆者の感想と共に作品の内容に深く関係する記述が多く含まれます。またこれは筆者の私見であり、矛盾や間違い等がある場合があります。それら全て含め、予めご了承頂いた上でご覧下さい。



あらすじ(ネタバレ)

イギリスの少し変わった一家の元で育った どこか頼りない細身の青年ティム。

母親のメアリーは独自の感性を持ち、どこか取っつきにくく。
父親のジェームズは冷静沈着、ごく普通に日々をまったりと過ごし。
母親の弟のデズモンド叔父さんは、常にスーツでピシッと決める、お茶目で賢い人。
妹のキット・カットは個性的なファッションセンスと誰にでも直ぐに懐く陽気な性格。

そんな5人で浜辺の近くで生活し、毎日の様に浜辺に出ては遊び、父親との卓球は恒例。夜は全員で映画を見たりと幸せな日々を過ごしていた。

そしてティムの家で行われる毎年恒例の年越しパーティ。
about_time02
しかしこの日はティムにとって憂鬱な日。
about_time01
年越しの瞬間までに相手を見つけなくてはいけない。
妹のキット・カットは相手を見つけた様で、焦るティム。

しかし無情にも年越しの瞬間はやってきて、ティムは結局誰とも結ばれずその日を終えた。
about_time09

翌朝。
二日酔いの中、目覚めると父親に呼ばれるティム。

父親の部屋で父親からある秘密について告げられる。
それは、この家系に生まれた男には全員過去へのタイムトラベルの能力があるという事。
about_time04
突然何を言い出すのかと呆気にとられるティムだが、父親は真面目に私もお爺さんも叔父さんもみんな過去へ行けると。それは今でも変わらず。
about_time05
しかしそれは自分が生きた日から。それ以前には行けないと。

やり方は簡単。
暗い場所で両手の拳を握り、行きたい過去を思い浮かべるだけ。

冗談と決めつけるティムに、父親は 本当に必要なときに使え と。

自分の部屋に戻ったティムは、半信半疑でクローゼットに入り、父親の言う様、拳を握りしめ戻りたい過去を想像する。
about_time06
about_time07

と、目を開けると何故か昨夜のパーティの衣装に身を包んでいるティム。
驚きつつ部屋のドアを開けると1階では昨日の年越しパーティそのままの情景が。

そこで起こる全ての出来事が昨日のまま。
そしてティムはその日失敗したと思った出来事を自分なりに良い方へと変えていき最高の年越しパーティを終える。
about_time08

そして再びクローゼットへ戻り、拳を握り思いを込めると、タイムトラベルした時に戻っていた。
それはティムがやり直したことが現実になったまま。

そしてすぐに父親に事の詳細を聞くティム。
about_time10
タイムトラベルは日々を複雑に難しい人生にする。
お金を得ようとしたお爺さんは愛も友達も無くしてしまった。
叔父さんもそれで人生を台無しにしたと。

父さんはどうしたの?と聞くと、父親は人が読める本は全て読破したと。

そしてティムは、今は彼女が出来たら最高かな と。

そしてティムの初恋がやってくる。
相手は知り合いの従姉のシャーロット。
シャーロットは夏の2ヶ月だけティムの家に居候することに。

そして思いを寄せ続けたティムは、シャーロットが家を出る最後の日に告白をすることに。
シャーロットの部屋に行き、愛の告白をするが、告白するのが遅すぎ。もっと早く告白してくれれば・・・とはぐらかされてしまう。

するとティムは、シャーロットが来て1ヶ月後の日にタイムトラベル。

そして再びシャーロットの部屋で愛の告白をするが、最後の日にもう一度告白して。とまたもはぐらかされてしまい、シャーロットは全く自分の事に関心が無いことを知ってしまう。

これでティムはいくらタイムトラベルを繰り返しても、実らない愛は実らないことを知る。

そしてティムは就職のために家を出る事に。
家族と別れ、アビーロード近くに住む父親の友人、ハリーの家に住まわせて貰うことに。
ハリーは脚本家で、ティムがやってきたその日も脚本を執筆中で、そこを邪魔してしまい、いきなり険悪ムードに。
ハリーは妻と娘に逃げられ、一人暮らし。
ティムはハリーの娘の部屋にを使うことに。

相変わらず女性運は欠けており、同僚のローリー(男)と常に時間を共にする、ティムにとっては理想では無い日々を送っていた。

そして運命の日は突然やってくる。
知り合いの誘いでやってきたお店で運命的な出会いをするティム。
相手はメアリー。偶然にも母親と同じ名前。
一瞬で意気投合。メアリーはファッションモデルのケイト・モスに憧れているなどたわいもない話で何時間も話し合い、また会う約束を付け電話番号を交換。
about_time03
意気揚々と家に帰ると、そこには不機嫌なハリーが。
話を聞くと、ハリーが脚本を書いた演劇で役者がセリフをとちったと。
悲痛を述べるハリーにティムがどうにかしますと、その演劇が開幕する前にタイムトラベル。

ハリーと共に劇場にやってきたティム。
ティムはすぐに役者の楽屋へ行き、もう一度台本に目を通してくれと頼む。
突然現れたティムの言動に驚く役者だが、一応台本に目を通すことに。

そして開演。
問題の役者の演技が回ってきたが、ティムの押しもあって何とか台詞を完走。
が、しかし別の役者の出番が来たとき、その役者が台詞を忘れ、劇場に沈黙が。
ハリーが失敗したと言っていた役者はティムが目を付けていた役者ではなかった。
直ぐさまもう一度タイムトラベル。

次はティムが劇場の袖からカンペで台詞を忘れてしまう役者をサポート。
無事演劇を最高の形で終える。

ホッとしたティムは、すぐにメアリーと会おうと携帯電話を取り出すが、そこに登録したはずのメアリーの電話番号が無いことに気付く。
メアリーと出会う前にタイムトラベルしたティムは、今この時はまだメアリーとは会っていないことになっていた。

すぐにメアリーと出会ったお店に行くが、そこにはメアリーの姿は無く、肩を落とし家に帰る。

落胆するティムはその後、たまたまハリーが読んでいた新聞にケイト・モスの写真展の記事を見つけ、家を飛び出る。

そして会場に着いたティムは、来るかも分からないメアリーをただひたすら待ち続ける。
about_time22
時間を潰すのに同じく上京してきていた妹のキット・カットが駆けつけてくれ、再び何時間も待ち続ける。

時間の経過に飽き飽きしてきたとき、ティムの目の前にメアリーの姿が。
おどおどするティムにキット・カットが背中を押し、メアリーへアタック。
about_time25
タイムトラベルの事でメアリーからすると これがティムとの初対面となり、突然話しかけられて動揺するメアリーに、何とか会話を途切れさせまいと話し続けるティム。
about_time27
辿々しい会話が続き、メアリーが一緒に来ていた友達の元に戻らなければならないと。
about_time26
そこでティムは妹が帰ってしまうから一緒に回覧させてもらえないか?と。
そこに居たメアリーの友達も、面白そうと同行することに。

そして近くのカフェで休憩していると、なんとそこにメアリーの彼氏が。

メアリーに彼氏が居たなんてと動揺するティム。
about_time33
すかさずティムは二人がいつ出会ったかを詳しく聞き、すぐにタイムトラベル。

そして呼ばれても居ない、メアリーと彼氏が出会うパーティに潜入。
about_time11
そこでメアリーを見つける。
about_time12
知りもしないケイト・モスのウンチクをメアリーが語っていた通りに話し 気を引くと、私も同じ意見!と盛り上がる二人。
about_time13
ティムの提案で二人はパーティを抜け、近くのカフェで食事をしながら会話に花を咲かせる。
そして帰り際、メアリーはティムに「車まで送ってくれない?」と。二人で夜の町を歩くことに。

しばらく歩くが、全くメアリーの家が見えてこない。
不思議に思ったティムが聞くと、実はパーティ会場には友達に車で乗せてきて貰って、私の車は家の前にあるの と。
少し歩いた先に、メアリーの家と家の前に駐車されていた車が。

そこでティムとメアリーは愛ある一夜を過ごす。
about_time14
about_time15


それからティムとメアリーは同棲を始め、一緒に出勤。幸せな毎日を過ごしていた。
about_time16

そんなある日、ティムは初恋の相手シャーロットとばったり出会う。
これはあまり良くない出会いだと思ったティムはタイムトラベルでシャーロットと出会わない方向に進めようとするが、ひょんな出来事から再び出会ってしまう。
そしてシャーロットからの誘いで、シャーロットの部屋の前まで来てしまう。

そこでシャーロットから、ティムからの告白を断ったのを後悔していると告げられる。

が、ティムはシャーロットに「会えて良かった」と言葉を残し、走って帰宅。

家では寝ているメアリーが。
メアリーをたたき起こし、「結婚しよう!」と。しかし寝起きで不機嫌なメアリーは、状況をあまり理解出来ていないらしく、それを断ってしまう。
ここでタイムトラベル。
メアリーの睡眠を阻害しない様に優しく起こし、再びプロポーズ。
about_time17
答えはイエス。
about_time18
そして二人は結婚することに。


そしてメアリーを連れて久しぶりに実家に帰ってきたティム、とキット・カット。

久々に浜辺で食事をしたり、父親と卓球をしたり、メアリーを含めていつものティムの家族の過ごし方を過ごし、母親ともすぐに意気投合した様子のメアリー。

そしてその日の夜の食卓で、ティムは家族にメアリーとの結婚を報告。
歓喜する家族に続けて、式は早めにやろう思う。なぜなら赤ちゃんが居るからと。再び歓喜の渦に包まれる食卓。

そして結婚式の日。
about_time28
about_time29
沢山の友人と家族と最高の日を過ごし、父親の「私には特に自慢することが無かったが、今 この息子の父であることを誇りに思う」とのスピーチに心打たれるティム。


それからティム、メアリー、そして子供のポジーと楽しい新婚生活を送り、もうタイムトラベルは不必要だと思い始めていた。
about_time30
ポジーの誕生日会が行われたそんなある日、招待したキット・カットがいつまで経ってもやってこない。
そこにキット・カットの交際相手のジミーが。
話を聞くと、出発する前に喧嘩をし、別々に家を出たと。その時キット・カットはお酒を飲んでいたと。
about_time34

ティムの嫌な予感は的中し、次にキット・カットと出会ったのは病室のベッドだった。
交通事故に合ったキット・カットだったが、大事には至らず、顔に擦り傷を負っただけで元気そうだった。

が、明らかに元気の無いキット・カットを見てタイムトラベル。
ティム自らキット・カットを迎えに行き、交通事故を回避。

明らかに普通じゃないキット・カットを心配する兄のティムはメアリーに相談。交際相手のジミーはキット・カットに優しくないと。何とかしてあげたいというティムに協力するメアリー。

そしてキット・カットと話し合い、キット・カットがかなり自分を追い詰めていることを知り、兄として何かやってあげあげられることはないかと考えた結果、キット・カットに自分はタイムトラベル出来るという秘密を明かす。

困惑するキット・カットだが、ティムはそのまま自宅のクローゼットの中でメアリーの手を握り、最初の年越しパーティーまでタイムトラベル。

キット・カットの最悪の始まりはティムと同じくこの日だと踏んで。
目を開けたキット・カットはその情景に驚くが、ティムは淡々とそこでキット・カットとジミーの出会いをさせない方向に仕向ける。

そして戻った時にはキット・カットは、ジミーとは別の健全な相手と交際していることに変わっていた。

全てが順調に変化したと、自宅に戻ると、そこには女の子だったはずの自分の子供が男の子に変わるという衝撃的な変化が。

この結果はおかしいと、直ぐに父親に聞くと、少しでも過去をいじると子供を作るタイミングも変化し、生まれる子供も変わってしまうと。
もし理想の子供が居たなら、その子供が生まれる過程をより性格に辿らなければいけないと。

それを聞いたティムは、キット・カットの行った過去の修正を無かった事にし、再びキット・カットの交通事故が起こる日に。
そしてティムとメアリーで病室で落胆するキット・カットをずっと見守り説得。
その二人の行動にお酒も止めて仕事も探すと心を入れ替えたキット・カット。

そして家に帰ったティムの目の前には、ティムが知っている通りの子供が。
さらにティムは二人目を作ろう!と。
ついに家族は4人に。

そんな幸せの中、突然の一報がやってくる。

電話を受けた後、ティムとメアリーは実家へ。
元気の無い母親の出迎えから、そこには少し弱々しい父親の姿が。
about_time20

父親はガンに侵され、かなり進行しており手遅れだと。
about_time21
原因はタバコ。
ティムが生まれる前まで吸っていたと。
タバコを吸っているセクシーさに母親が惹かれて結婚したと。この運命はやり直せない。

父親は既にこの結果を経験していたらしく、タイムトラベルを経て50歳で辞職。
ティムと卓球を楽しむ日々を送ったと。

そしてティムにもう一つ秘密を明かす。

それは幸せになる公式のようなもの。

まず一つはタイムトラベルも無しに普通の生活を続ける。
1日を他の人と同じように過ごす。

そしてその生活がある程度進んだら、第二段階。
タイムトラベルをし、もう一度同じようにその日々を過ごす。

そうすれば、最初は見えなかった日々の出来事の素晴らしさに気付くだろうと。
実際にティムは自分が何気なく過ごしていた日々にいくつもの素晴らしい出会いや環境があったことに気付く。

そんなある日、メアリーから3人目を作らない?との提案が。
しかし、その未来にイエスと言えば父親に永遠の別れを告げることになると。


それからティムは再び父親の元を訪れる。
蓋達父親と卓球をするティム。
最近ではいつもティムが勝っていたいが、その日は父親の勝利。
喜ぶ父親だが、ティムの神妙な面持ちを見て、それが何を意味するのか感づく。
about_time24
about_time23

そしてティムは父親に最後に何かやってあげられないかと聞く。
それに父親は「散歩をしよう」と。
慎重に未来を変えないよう、ひっそりとやれば大丈夫だろうと、二人で手を繋ぎタイムトラベル。
about_time31

ティムが子供の頃にタイムトラベルし、海岸を二人で走ったりと、最後の時を楽しく過ごす二人。
about_time32

そして「私の負けだ」と言う父親に「ありがとう パパ」と返すティム。

そしてティムの語り
今はタイムトラベルを使っていない。
今日という日が最高の日であるように。今日が最高の日である事を信じて、この日を生きている。
だからあとはこの人生を楽しむだけ。

エンドロール。

心に残る感動

映画の感じ方には色々なものがあると思います。
特にこの映画は「凄い泣ける!」と言う物とは違う様に感じました。

ある家族の特別な日常の中で生まれる愛や思い、その中での会話などに、見た後に心に残る感動を感じました。
about_time35
特にどこか心温まった余韻が残る作品でした。

幸せの考え方の変化

この映画で見ていて楽しかったポイントは主人公のティムが考える幸せの形の変化。
about_time27
最初は自分の彼女を作るために色々奮闘し、一つの幸せが実ると、後に次の幸せを求め、その求める幸せの形が刻々と変化していく様子。
後半では妹や親を含めた 自分だけでは無い他の人のための幸せの形を 悩み 考え 追求する姿が見ていて色々考えさせられました。
about_time24
きっとこの映画を見た多くの人は、この日から家族という存在を大切にしようという考えが少しでも生まれたと思います。

タイムトラベルが教えてくれたこと

最後で伝えられる、何気ない日々を過ごしていても、その中のちょっとしたことが実は凄く素晴らしい出来事へのカギなんだよ。というメッセージ。

何気なく過ごしている日々は意外とスルーしている事が多い。

例えば、いつも行ってる喫茶店でも、だた会計の時にお金を渡すだけではなく、その時に店員さんと少し会話をしてみるだけで、そこから小さな幸せが生まれる。

それを初めてで出来る様になれば、特殊な能力も無しに幸せを手に入れることが出来る。
素敵な出来事は常に目の前にある。そこをどう捕らえ 気付くかで人生は劇的な変化を生む。
幸せへの一番の近道はそれに「気付く」ことにある。

メアリーの可愛らしさ

この映画に魅せられるポイントの一つにメアリー役のレイチェル・マクアダムスの可愛らしさがあると思います。
about_time26
もう35歳とは思えない可愛らしさと、魅力に男なら自然と恋をしてしまうかも。

特に、「私の車まで送ってくれない?」と言われ二人で夜道を歩き、実は車は自宅の前にあって、いつの間にかそこまで連れてきちゃうと言う小悪魔的なシーンは少しキュンとしてしまう人も少なからず居ると思います。


about_time36

オススメ関連商品

映画レビュー